「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ライオンズ一筋の頼れる男!栗山巧選手

2017 5/17 09:55cut
baseball、ball
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 DX Broadrec

高校時代からの有望株から「おかわり君」と同期で西武に入団

球界屈指の男前とも言われ、西武ライオンズにとって欠かせない存在の栗山巧(くりやまたくみ)選手。出身は関西の神戸市西区。関西はボーイズリーグも盛んで少年野球指導に熱意が向けられ、栗山選手も野球に親しんで育った。神戸の少年リーグをへて、中学時代はヤングリーグ神戸ドラゴンズに所属。神戸ドラゴンズでは、現在東京ヤクルトスワローズでセンターを守る坂口智隆(さかぐちともたか)選手が一学年下に所属していた。
その後、育英高校に進学し2年春、夏の甲子園にも出場。夏の大会5試合での打率は.348と高打率をマークしチームを準決勝まで導く。高校通算で47本塁打と好成績を残していることから、当時はホームランバッタータイプだったとして注目が高い選手でもあり、ドラフト指名に期待がかかった。
2001年、栗山選手は、西武ライオンズからのドラフト4巡指名。背番号は52番だった。その年のドラフト同期として、「おかわりくん」のニックネームで人気の強打者中村剛也(なかむらたけや)選手が入団。現在も一緒にチームをひっぱっている。正捕手として活躍し、ソフトバンクを経て2017年シーズンから楽天に所属する細川亨(ほそかわとおる)選手もドラフト同期となっている。

西武一筋の長い道のり

栗山選手は二軍では3割打者として成績を残し、2004年に一軍初出場、2005年からは一軍に定着した。選球眼の良さからフォアボールはリーグでも多く、粘り強いバッティングで、どんなボールにも対応する打者となる。高卒外野手としてプロ入りした現役選手の中で、推定年俸はトップクラスも経験した。自分に厳しく妥協を許さず、チームメイトとの関係を大切にすることが球界の「成りあがり」となった秘訣ともいえる。高校時代はパワーヒッタータイプだった栗山選手だが、プロ入りし、二軍で鍛えられる中で安打製造機タイプへと自分を変化させる。
2008年には打率.317をマークし、最多安打のタイトルを獲得。当初は守備に課題もあるとされていたものの、2010年にゴールデングラブ賞を受賞するなど、守備にも自信のある選手に成長した。
2016年6月19日、神宮球場のヤクルト戦で記念すべき1500本安打を達成し、その後行われた西武球場での花束贈呈では1500本安打を振り返る特別ビデオが場内に流れるなど、感動的なものとなった。2016年は、初めてのオールスターでの本塁打とあわせて大切な節目の年となり、キャプテンは浅村選手に譲ったものの、リーダーシップは変わらず西武ライオンズを統率している。

おすすめの記事