「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

侍ジャパンで献身的な役割をこなした潤滑油・秋山翔吾選手

2017 5/17 09:55cut
baseball bat
このエントリーをはてなブックマークに追加

八戸大学でブレイクした秋山翔吾選手

秋山翔吾(あきやましょうご)選手は横須賀出身で高校時代は横浜創学館高校でプレーしていた。神奈川県は横浜高校、東海大相模高校など強豪校がひしめく激戦区でもあり横浜創学館高校は2017年春の選抜甲子園時点で甲子園出場はない。

  その横浜創学館高校で秋山選手は1年時からレギュラーを獲得した。しかし、甲子園への出場はなく3年夏の大会は神奈川県ベスト8で高校野球人生を終えている。

俊足の巧打者として注目を浴びドラフトで下位指名も予想されたが指名はない。秋山選手は東京六大学、東都大学野球連盟ではなく北東北野球連盟の八戸大学(現八戸学院大学)へと進学する。

八戸大学入学後1年春からレギュラーを掴み9試合に出場。打率.364でベストナインを獲得する活躍を見せた。1年秋のリーグでも打率.359と高打率をマークし春季リーグに続いてベストナインを獲得する。
しかし、秋山選手は2年に進級すると調子を崩し春、秋3年春と3季連続で打率は2割台と低迷。復調したのは3年秋のシーズンで打率.353をマーク。大学初本塁打を含む2本塁打を挙げ1年秋以来のベストナインにも輝きドラフト候補として再び注目されるようになる。

圧巻だったのは4年春のリーグだ。打率.486、1本塁打、14打点、6盗塁と圧倒的な成績を残し首位打者、最多打点、ベストナインに輝き最優秀選手にも輝いた。秋山選手のこの活躍でチームは大学選手権にも出場。
初戦で大野雄大(おおのゆうだい)選手(中日)擁する佛教大学を破り、準決勝では乾真大(いぬいまさひろ)選手(巨人)擁する東洋大学との試合では本塁打を放つなど全国大会でその名を轟かせた。チームはベスト4で敗退したものの大きな足跡を残した。

この活躍もあり秋山選手はプロ志望届を提出。ドラフト会議で埼玉西武ライオンズから3位で指名され入団に至る。

西武入団から覚醒まで

2010年ドラフト会議で西武から3位指名された秋山選手は即戦力外野手として期待されていた。その期待の表れが2011年開幕戦でのスタメン抜擢だ。オープン戦では9試合に出場し打率.269、1本塁打、4打点、2盗塁の成績を残した秋山選手は開幕戦で9番右翼にてスタメン出場を果たす。

開幕戦にスタメンで出場を果たした秋山選手は途中、二軍降格があったものの110試合に出場し打率.232、1本塁打、21打点、8盗塁の成績を残し1年目にしては上々の成績を残した。

2年目となる2012年は107試合に出場し打率.293、4本塁打、37打点、10盗塁と各部門の成績を向上させ完全レギュラーまであと一歩と迫った。打撃向上により3年目にはレギュラーを掴み全144試合に出場。完全に外野のレギュラーへと定着を果たす。しかし、2012年、2013年と日本代表の親善試合に招集されていたが評価は高くなかった。

4年目となる2014年にも131試合に出場するが、突き抜けたものはなく俊足巧打の外野手という印象でどちらかというと地味な存在でもあった。

おすすめの記事