「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

人的補償で移籍から飛躍!高濱卓也選手

2017 5/17 09:55cut
baseball シルエット
このエントリーをはてなブックマークに追加

横浜高校では下級生ながらレギュラー定着

高濱卓也(たかはまたくや)選手は佐賀県出身で佐賀県内の高校に進学予定だったが、神奈川県の名門である横浜高校に進学した。高濱選手は、1年時から遊撃手としてレギュラーを獲得し、2年春の選抜甲子園に背番号「6」で出場を果たす。
大会序盤は快音が聞かれなかった高濱選手だが、勝ち進むに連れて当たりが出始める。準決勝では5打数4安打、決勝では6打数4安打と爆発。全国制覇に大きく貢献した。この大会では唯一の下級生として全試合に出場し注目を浴びていたのだ。
春夏連覇を狙って挑んだ夏の甲子園では、初戦で大阪桐蔭高校と対戦する。大阪桐蔭高校の4番は中田翔選手(日本ハム)だった。この試合で高濱選手は、4打数1安打に終わる。一方、中田選手は3打数2安打1本塁打の活躍。横浜高校は6-11で敗れ、初戦で春夏連覇の夢は潰えてしまったのだ。
3年時は、春夏ともに甲子園出場を果たすことはできず、2年夏の甲子園が最後の甲子園となった。3年時に甲子園出場はならなかったものの、高濱選手はドラフトでも上位指名が予想されていた。高濱選手は、1巡目で阪神タイガースと横浜ベイスターズが入札。抽選の末に阪神入団が決まった。

ファームでの3年間

高濱選手は、2007年の高校生ドラフトで阪神から1巡目指名を受け入団。高卒ルーキーということもあり、一軍での試合はなく、二軍で修業の日々が続く。ルーキーイヤーの2008年は、故障もあり二軍の試合出場もなく、リハビリとトレーニングに費やした。
2年目となる2009年に二軍で初出場を果たし、28試合に出場、打率.194(31打数6安打)の成績を残す。6安打は全て単打となっており、長打がでずパワー不足は目立った。この年も一軍昇格はなく二軍でシーズンを過ごしている。翌2010年は、出場試合数を39に伸ばしチャンスを多く与えてもらえるようになった。しかし、打撃の向上は見られず打率.195(82打数16安打)と前年同様の低水準に終わってしまう。この年も長打は、二塁打が1本のみと長打力の改善は見られなかった。
守備では遊撃(32試合)をメインで守り三塁(4試合)、二塁(2試合)と、他のポジションも少ない試合数ではあるが守っていた。2010年当時、阪神一軍の遊撃手は不動のレギュラーとして鳥谷敬選手が務めており、遊撃手として一軍での出場は難しい状況だった。
その、高濱選手に転機が訪れたのだ。

おすすめの記事