「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

圧倒的な守備を魅せる球界No1中堅手・岡田幸文選手

2017 5/17 09:55cut
baseball glove
このエントリーをはてなブックマークに追加

アマチュア時代から俊足の1番打者として活躍

岡田幸文選手は高校時代、栃木県の名門作新学院高校でプレーしていた。2年時からレギュラーとして活躍していた岡田選手は、持ち前の俊足を生かした巧打の1番打者としてプレー。そこでの2番打者だったのが、2016年夏の甲子園選手権大会優勝監督である小針崇宏選手だった。
つまり、現在では甲子園優勝監督とプロ野球選手が、高校時代は1番打者と2番打者のコンビとして活躍していたのだ。このコンビプレーでの甲子園出場はならなかったが、栃木県大会決勝まで進出を果たしている。岡田選手は当時のことを振り返り「小針さんは頭の切れる先輩だった。小針さんが2番打者にいたから僕が1番打者として思いきりプレーできた」と語っている。作新学院高校が甲子園制覇を果した際も、自分のことのように喜んび祝福していた。
作新学院高校から東都大学野球の名門日本大学へと進学した岡田選手。入学後ヒジの故障があり手術を経験し、全治1年以上と診断されたことから大学を中退する。日本大学中退後は、地元である栃木県の全足利クラブに加入し、都市対抗野球を目指す。当時、クラブチームでは強豪といわれた全足利クラブだが、北関東の壁は厚く岡田選手在籍時に都市対抗野球出場はならなかった。
その後、岡田選手がプロ入り後となる2014年に、36年ぶりの都市対抗野球出場を果たしている。
岡田選手は都市対抗野球に出場できなかったものの、全日本クラブ野球選手権で優勝を果たす。その活躍が認められ、2008年のドラフト会議で育成6位で千葉ロッテマリーンズから指名を受けた。

育成入団からレギュラー獲得

岡田選手は、2008年のドラフトでロッテから育成6位で指名を受け入団に至る。1つ上の指名に当たる育成5位は、2016年までクローザーを務め日本代表にも選ばれた経験のある西野勇士(にしのゆうじ)選手だった。この年のロッテは、育成指名から2人の主力選手を獲得しているのだ。
岡田選手はロッテと契約し、翌2009年のシーズン開幕前となる3月30日に支配下登録を勝ち取る。しかし、1年目に一軍登録されることはなく二軍でのプレーとなった。二軍では33試合、打率.226、0本塁打、4本塁打、5打点の成績を残している。
岡田選手は、2010年から一軍で試合に出場し、72試合に出場。育成入団から一軍の半レギュラーまで上り詰めた。翌2011年には完全にレギュラーへ定着し、144試合全試合に出場。元育成選手による全試合出場は、史上初めての快挙でもあった。この年は、ゴールデングラブ賞も獲得するなど大ブレイクの年となった。
以降、全試合出場はないが守備の名手として活躍。50メートル5秒台の俊足を生かした広範囲の守備は、年齢を重ねても衰えていない。

おすすめの記事