「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

苦しんだ一年を乗り越えヒーローへ!西川遥輝選手

2017 5/17 09:55cut
baseball,player
このエントリーをはてなブックマークに追加

父親から受け継いだDNA

西川遥輝(にしかわはるき)選手は和歌山県出身で小学生1年生から野球を始めます。父は元高校球児でもあり和歌山県大会準優勝、社会人野球でもプレーするなど野球が得意になるDNAが受け継がれたのでしょう。西川選手も小学1年時から6年生の練習に加わるほどのセンスを見せていました。
中学時代はヤングリーグの打田タイガースでプレー。全国大会優勝、ジャイアンツカップ出場と実績を残していました。その実績を持って進んだ高校は和歌山県の強豪校である智弁和歌山高校です。
智弁和歌山高校では1年時からその才能を認められ、入学直後におこなわれる春の大会から1番遊撃手として試合に出場します。その年の夏の甲子園にも西川選手は唯一1年生から背番号「18」を背負いベンチ入りを果たしました。
このチームでは3年生に坂口真規(さかぐちまさき)選手(巨人)、2年生に岡田俊哉(おかだとしや)選手(中日)が所属しており後のプロ野球選手が3名も揃っていたチームでもありました。

1年夏の甲子園で大活躍

1年の夏に初めて甲子園に出場した西川選手。背番号「18」ではあったものの西川選手はこの甲子園でレギュラーとして出場しています。3試合で打率.462(13打数6安打)と結果を残します。本塁打はありませんでしたが二塁打1本、三塁打2本と長打を3本は夏などの活躍でベスト8進出に大きく貢献しました。
2年春の甲子園には出場叶いませんでしたが2年夏、3年春、3年夏と合計4度の甲子園出場を果たした西川選手。甲子園での最高成績は1年時のベスト8と2年、3年とチームでの好結果を生むことはできませんでした。しかし、3年間で9試合に出場、打率.333(36打数12安打)、0本塁打、8打点、3盗塁の成績を残します。
毎大会安打を放っていた西川選手ですが3年夏の甲子園では無安打に終わっています。対戦したのは成田高校(千葉県)でした。成田高校のエースである中川諒(なかがわりょう)選手は同校の先輩でもあり、その後ロッテに入団した唐川侑己(からかわゆうき)選手ににていることから「唐川二世」と呼ばれた好投手です。西川選手は中川投手に3打数ノーヒットに抑えられチームも1-2で敗戦。甲子園に別れを告げる事ことになりました。

おすすめの記事