「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

苦しんだ一年を乗り越えヒーローへ!西川遥輝選手

2017 5/17 09:55cut
baseball,player
このエントリーをはてなブックマークに追加

父親から受け継いだDNA

西川遥輝(にしかわはるき)選手は和歌山県出身で小学生1年生から野球を始めます。父は元高校球児でもあり和歌山県大会準優勝、社会人野球でもプレーするなど野球が得意になるDNAが受け継がれたのでしょう。西川選手も小学1年時から6年生の練習に加わるほどのセンスを見せていました。
中学時代はヤングリーグの打田タイガースでプレー。全国大会優勝、ジャイアンツカップ出場と実績を残していました。その実績を持って進んだ高校は和歌山県の強豪校である智弁和歌山高校です。
智弁和歌山高校では1年時からその才能を認められ、入学直後におこなわれる春の大会から1番遊撃手として試合に出場します。その年の夏の甲子園にも西川選手は唯一1年生から背番号「18」を背負いベンチ入りを果たしました。
このチームでは3年生に坂口真規(さかぐちまさき)選手(巨人)、2年生に岡田俊哉(おかだとしや)選手(中日)が所属しており後のプロ野球選手が3名も揃っていたチームでもありました。

1年夏の甲子園で大活躍

1年の夏に初めて甲子園に出場した西川選手。背番号「18」ではあったものの西川選手はこの甲子園でレギュラーとして出場しています。3試合で打率.462(13打数6安打)と結果を残します。本塁打はありませんでしたが二塁打1本、三塁打2本と長打を3本は夏などの活躍でベスト8進出に大きく貢献しました。
2年春の甲子園には出場叶いませんでしたが2年夏、3年春、3年夏と合計4度の甲子園出場を果たした西川選手。甲子園での最高成績は1年時のベスト8と2年、3年とチームでの好結果を生むことはできませんでした。しかし、3年間で9試合に出場、打率.333(36打数12安打)、0本塁打、8打点、3盗塁の成績を残します。
毎大会安打を放っていた西川選手ですが3年夏の甲子園では無安打に終わっています。対戦したのは成田高校(千葉県)でした。成田高校のエースである中川諒(なかがわりょう)選手は同校の先輩でもあり、その後ロッテに入団した唐川侑己(からかわゆうき)選手ににていることから「唐川二世」と呼ばれた好投手です。西川選手は中川投手に3打数ノーヒットに抑えられチームも1-2で敗戦。甲子園に別れを告げる事ことになりました。

1年目からファームで活躍

西川選手は智弁和歌山高校1年時から注目を浴びており、ドラフト候補になっていました。多くのドラフト雑誌にも名前が掲載されるほどの期待された選手だったのです。
迎えた2010年のドラフト会議で西川選手は北海道日本ハムファイターズから2位指名を受けプロ入りを果たします。この年のドラフトは斎藤佑樹選手を始めとした「ハンカチ世代」が大学卒業の世代となっており人気は大学生でした。その中で高卒ながら2位で指名されたのが西川選手なのです。ちなみに、東京ヤクルトスワローズの1位指名が2年連続トリプルスリーを獲得した山田哲人(やまだてつと)選手でした。
2011年のルーキーイヤーは一軍での出場はなく二軍での出場に留まります。しかし、二軍では80試合に出場し打率.261、2本塁打、24打点、14盗塁の成績を残しました。また、ファーム日本選手権では1番指名打者で出場し3安打を放ち優秀選手賞を獲得しています。
2012年から一軍での試合に出場をするようになり2014年には完全にレギュラーに定着。全143試合に出場し打率.265、8本塁打、57打点、43盗塁の成績を残し盗塁王に輝きます。また、パ・リーグ最多の13三塁打を放ち俊足を発揮したシーズンとも言えそうです。
高校時代は外野を守っていた西川選手ですがプロ入り後は内野の起用も多く2014年は外野(68試合)、二塁(60試合)、一塁(51試合)と試合中のポジション移動も多く様々なポジションを守りました。

苦しんだ2015年

2014年シーズンの活躍があり西川選手は2015年シーズンから背番号「8」を背負います。この背番号「8」は島田誠(しまだまこと)選手、片岡篤史(かたおかあつし)選手、金子誠(かねこまこと)選手と歴代の日本ハムで中心となっていた選手が着用していた番号です。2014年限りで金子選手が引退となったため西川選手へ禅譲となったのです。
日本ハムで重みのある背番号「8」を着用して臨んだ2015年シーズンですが、西川選手は苦しみます。集中力を欠くプレー、野球に対する姿勢が栗山英樹監督を始めとする首脳陣に指摘されクライマックスシリーズを争う大事な9月半ばに登録抹消されました。
このとき、西川選手は2年連続盗塁王のチャンスもありスポーツ紙などには「荒療治」などの言葉が踊りました。西川選手の集中力を欠くプレーの代表的なものには、アウトカウントを間違え飛球を掴んだ後にスタンドへボールを投げ入れてしまったものがあります。また、ボールカウントを間違えての牽制死もありました。
こういったミスの積み重ねが積もり積もって二軍行きとなったのです。このとき栗山監督も「タイトル獲得のチャンスを奪っていいのか?」と悩んでいました。その悩みに悩んだ末の結果が二軍降格です。
しかし、この荒療治の末に西川選手は大きく成長。2016年の大ブレイクにつながりました。

日本シリーズでの満塁本塁打

西川選手は2016年シーズンから背番号を「7」に変更しました。2015年シーズンからの心機一転を図るためでもあります。
迎えた2016年シーズン138試合に出場し打率.314、5本塁打、43打点、41盗塁の成績を残し日本ハムのリーグ優勝に大きく貢献しました。ソフトバンクとのクライマックスシリーズでも全5試合に出場し打率.316と活躍。広島との日本シリーズに臨みました。
日本シリーズ初戦で2安打を放ったものの2戦目から4戦目まではノーヒットと西川選手は苦しみました。チームは2連敗からの2連勝と勢いに乗っていましたが西川選手は波に乗れません。3連勝でマツダスタジアムに乗り込みたい日本ハムは5戦目1-1で迎えた9回裏に四球、安打、死球で2死満塁と大きなチャンスを作りました。打席に向かうのはこの日も4打席目までノーヒットの西川選手。この時点で西川選手の日本シリーズにおける成績は打率.100(20打数2安打)です。スタンドを埋め尽くした日本ハムファンは西川選手に祈りを送ります。
広島の抑え投手である中崎翔太(なかざきしょうた)選手が投じた2球目をフルスイング。ライナー性の打球は右翼スタンドへ一直線。スタンドが燃え上がります。ダイヤモンドを一周しホームベース上で待つチームメートのところへ戻ってきた西川選手は、もみくちゃにされながらも嬉しそうな表情を魅せました。
インタビューでは「なにが起きたのかわからないくらい興奮しています」と語るなど無我夢中だった心境が窺えます。このサヨナラ満塁本塁打で試合を決め日本シリーズに王手を掛けたのです。
リーグを代表する選手へと成長を続ける西川選手。第4回ワールド・ベースボール・クラシックの日本代表には選出されませんでしたが2021年の第5回大会に選出されることを期待します。

関連記事

おすすめの記事