「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

台湾のスター的存在でもある陽岱鋼選手

2017 5/17 09:55cut
baseball,bat
このエントリーをはてなブックマークに追加

台湾から高校野球留学のスポーツエリート

陽岱鋼(よう だいかん/ヤン・ダイガン)選手は1987年、スポーツ一家の三男として台湾で生まれ、少年時代は台湾のナショナルチームに所属していた。日本チームと対戦する機会があり、日本が好きだった陽岱鋼選手は、高校は野球留学で福岡第一高等学校へ入学。高校時代は4番遊撃手として39本塁打を記録すなど並々ならぬ才能を開花させた。

2005年のドラフトでは、日本ハムとソフトバンクの一巡指名を受けた。くじ引きの抽選結果の勘違いで王監督が交渉権を得たかに見え、一度はソフトバンク入団を期待した陽岱鋼選手だったが、くじ引きの本当の結果は日本ハムが交渉権を獲得。もともとは、兄・陽耀勲(ヤン・ヤオシュン)選手と同じソフトバンク入団を熱望していた陽岱鋼選手にとってはぬか喜びとなり、ドラフトの珍事件として話題になった。
その後、日本ハムの本拠地北海道に訪れるなどし、日本ハムの粘り強い交渉が実り入団に至った。その後のファイターズでのめざましい成果と人気を思えば、入団は決して間違いとは言えない。

日本ハム入団当初の登録名は「陽仲壽(ヤン・チョンソ)」としていたが、2009年に登録名を改名。「台湾には虎がいる」という意味の「岱」の入った登録名とし、「陽」の読みも、台湾風の「ヤン」から日本風の「よう」と変更した。
その後の活躍は目覚ましく、4度にわたるゴールデングラブ賞の受賞、ケガに泣かされることも多く、打率は3割には及ばないもののレギュラーとして活躍した日本ハム時代だった。二刀流の大谷翔平選手、スラッガー中田翔選手らとともに2016年日本一の立役者となったことは間違いない。

台湾のアスリート家族の存在 兄弟対決も

台湾アミ族出身の家族はトップアスリートばかりだ。妹はバスケットボール台湾代表選手、叔父やいとこもプロ野球選手と驚くほどのスポーツエリート家系に育っている。

2012年8月8日、ソフトバンクの長兄・陽耀勲(ヤン・ヤオシュン・兄は台湾読みで登録)投手と陽岱鋼選手との兄弟対決が実現した。プロ野球界でも珍しい兄弟対決の結果は、陽岱鋼選手がヒットを放ち、初の兄弟対決は弟の勝利。兄も弟も楽しんでいる様子の対戦は、ファンにも微笑ましい印象を与えたのだ。

長兄の陽耀勲投手はソフトバンクに所属、その後アメリカに渡ってピッツバーグパイレーツとマイナー契約する。次兄の陽耀華選手は日本の独立リーグ、愛媛マンダリンパイレーツなどでプレーし、2011年には独立リーグのベストナインに選ばれている。2017年現在、同じチームでプレーすることはできていないが、皆プロで活躍するトップアスリート家族なのだ。

おすすめの記事