「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ソフトバンクでいぶし銀の活躍!本多雄一選手

2017 5/17 09:55cut
baseball,spike
このエントリーをはてなブックマークに追加

アマ時代は杉内俊哉選手の後を追い続けた?

本多雄一選手は福岡県出身で中学校時代、ヤングリーグの大野城ガッツ(おおのじょうガッツ)で野球を行う。大野城ガッツは、1986年創部のチームで本多選手は12期生。4期先輩には、後のチームメートでもある杉内俊哉(すぎうちとしや)選手も在籍していた。
大野城ガッツでプレーした後に本多選手は、鹿児島県の強豪校である鹿児島実業高校へと進学する。鹿児島実業高校は杉内選手の母校でもあり、本多選手はここでも杉内選手と同じ道を歩んだのだ。1984年生まれである本多選手と、1980年生まれの杉内選手は4学年離れているため同校時代に交流はなかった。
杉内選手は高校時代に甲子園出場を果たし、大舞台でノーヒットノーランを達成するなど超高校級の活躍を見せていた。同世代に松坂大輔選手がいたことから「松坂世代」とも呼ばれ、世代の中心選手として認められていたのだ。
しかし、本多選手は杉内選手が出場した甲子園には手が届かなかった。本多選手が高校在籍時の夏の甲子園には、全て樟南高校が出場。一度も夢の舞台へ出場することはできなかった。
高校卒業後に本多選手は、大学進学をせず三菱重工名古屋へと進む。杉内選手は卒業後に三菱重工長崎だったため、同チームではない。しかし、同じ三菱重工ということでニアミスといったところだろうか。
社会人時代に本多選手は都市対抗野球に3度出場し、ドラフト候補に躍り出る。この時、既に先輩でもある杉内選手は、ソフトバンクに入団しエース格として活躍を果たしていた。

車関係を多数指名!?2005年のドラフト会議

2005年のドラフトは、高校生ドラフトと大学・社会人ドラフトの2つに分離されていた。大学生、社会人ドラフトには、一部の有力選手にに限り「希望入団枠」という制度が用いられ、選手側が希望した球団に入ることができた。
しかし、本多選手はドラフトの目玉というわけではなかったため、希望枠を用いての入団はできない。ドラフト当日、12球団からの指名を待つ本多選手の名前は終盤に呼ばれることになった。
「杉内先輩」の所属するソフトバンクが本多選手を5巡目で指名したのだ。本多選手はまたしても杉内選手と同じチームになった。今までは4学年の差があったことから同時にプレーをしたことはなかったが、プロで初めて一緒にプレーすることになったのだ。
またこの年、ドラフトの希望枠では松田宣浩(まつだのぶひろ)選手、6巡目で柳瀬明宏(やなせあきひろ)選手がソフトバンクに入団。「マツダ」「ホンダ」「ヤナセ」と車関係の名字が3名いたことから話題にもなっている。

おすすめの記事