「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【球史に名を残した偉人達】NPB時代におけるイチロー選手の凄さ

2017 5/17 09:55cut
イチロー選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

1994年に達成した歴史的偉業の210安打

イチロー選手は1994年開幕前に本名である鈴木一朗から『イチロー』へと登録名を変更しています。このときにイチロー選手と同じく登録名の変更を行ったのが佐藤和弘選手です。佐藤選手は『パンチ』へと変更しました。
イチロー選手の登録名変更は当時としては画期的であり、NPB史上初めて日本人選手で登録名を名前にした選手でもあるのです。
イチロー選手はこの登録名変更を行い心機一転となった年に一軍に定着。NPB史上初となる200安打を達成し最終的には210安打まで記録を伸ばします。当時のパ・リーグ最高打率も更新し打率.385で首位打者を獲得。最高出塁率、ゴールデングラブ賞、ベストナインなどタイトルを総なめにしました。この年、所属するオリックス・ブルーウェーブは2位であったにも関わらずシーズンMVPも獲得しています。
イチロー選手以降で200安打は青木宣親(あおきのりちか)選手(ヤクルト)が2回、ラミレス選手(ヤクルト)、西岡剛(にしおかつよし)選手(ロッテ)、マートン選手(阪神)、秋山翔吾選手(西武)がそれぞれ1回達成しています。しかし、イチロー選手は130試合制での達成でしたがその他の選手は143試合、144試合制での達成となっています。
また、現在のシーズン最多安打は2015年に秋山選手が達成した216安打となっています。

三冠王目前まで迫った1995年

イチロー選手といえば安打製造機であり巧打者の印象が強く首位打者、最多安打、最高出塁率以外の打撃タイトルに縁がないように見受けられがちです。しかし、そんなことはなくブレイク翌年の1995年には打点王も獲得しているのです。
1995年のイチロー選手は前年の活躍が、本物なのかフロックだったのか真価が問われる年でした。シーズン最多安打を更新したイチロー選手へは相手投手のマークもきつくなり苦戦することが予想されていました。
しかし、イチロー選手は相手投手のマークに苦しみながらも結果を残します。打率.342、179安打、80打点、49盗塁、出塁率.432の成績で首位打者、最多安打、打点王、盗塁王、最高出塁率の五冠となりました。打点王と盗塁王の同時獲得はNPB史上初めての記録となっており、イチロー選手以降も2016年終了現在で現れていません。
また、本塁打は25本となっており本塁打王を獲得した小久保裕紀選手(ダイエー)とわずか3本差でした。あと少しの差で三冠王を逃したのです。
この活躍でイチロー選手は悲願の優勝も達成し、オリックスは日本シリーズに進出を果たしました。日本シリーズではヤクルトに敗退しますが1月に起きた阪神淡路大震災から復興のシンボルとなったのです。

おすすめの記事