「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【球史に名を残した偉人達】苦難の時代から国民栄誉賞へ・長嶋茂雄監督

2017 5/17 09:55cut
野球ボール,ヘルメット,バット
このエントリーをはてなブックマークに追加

巨人監督就任初年度は最下位

1974年、長嶋茂雄選手が現役を引退。巨人が10連覇を逃し川上哲治監督が退任とプロ野球は大きな転機を迎えました。 その川上監督の後を受けて1975年から巨人の監督に長嶋選手が就任します。背番号は現役時代の「3」ではなく「90」でした。
長嶋監督は前監督である川上監督時代のコーチや参謀を排除。自身で腹心を集めチームを構成します。新長嶋体制で臨んだ巨人ですがシーズンでは力を発揮できず最下位に終わります。9連覇達成から2位となり翌年には最下位となってしまったのです。これは巨人の歴史でも初めてのことでした。
翌1976年は長嶋監督にとって大きな意味を持つ年となりました。最下位に沈んだシーズンからの脱却を図るべく大型トレードを敢行します。打者では日本球界で通算最多安打を放つことになる張本勲選手を獲得。投手ではポーカーフェイスで鉄仮面と呼ばれていた加藤初選手を補強します。
後に長嶋監督はFAなどで各チームの主力打者を集めますが、その始まりは監督就任1年目のオフだったのかもしれません。
この一連の流れで巨人フロントは、当時南海ホークスの選手兼任監督として活躍していた野村克也選手に接触していました。ヘッドコーチ兼任監督として招き入れようと画策していたのです。野村選手は快諾したものの長嶋監督が拒んだためこの話は立ち消えとなりました。
長嶋監督に野村ヘッドコーチ。幻に終わったこのコンビですが、実現していたらどのような体制になったのでしょうか。もしかしたら、両雄並び立たないのかもしれません。非常に興味深いものがあります。

2年目は最下位から優勝と波乱万丈

就任1年目に最下位となった長嶋巨人ですがオフの大補強を経て臨んだ1976年シーズンは快進撃を見せました。大型補強の成果も出てリーグ優勝を果たしたのです。張本選手は130試合全試合に出場し打率.355、22本塁打、93打点の活躍。加藤選手は46試合に登板し15勝4敗の成績を残しました。2人はトレード1年目という重圧をはねのけ優勝に大きく貢献したのです。
日本シリーズではパ・リーグ覇者の阪急ブレーブスと対戦します。長嶋巨人は3連敗スタートしますが4戦目から逆に3連勝。3勝3敗のタイで最終第7戦を迎えます。7戦目は6回終了時点で2-1と巨人リードで試合は進みましたがそこから逆転負け。3勝4敗で惜しくも日本一には手が届きませんでした。
2年目の長嶋巨人は屈辱の最下位から浮上し日本一まであと一歩まで迫ったのです。翌1977年もリーグ優勝を飾りセ・リーグ連覇。しかし、1978年から1980年まで3年連続のV逸(勝利を逸するの意)となり監督を退任します。

おすすめの記事