「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【球史に名を残した偉人達】圧倒的守護神だった大魔神・佐々木主浩選手

2017 5/17 09:55cut
野球,ピッチャー
このエントリーをはてなブックマークに追加

佐々木選手のおかげで遠山葛西スペシャル完成?

佐々木主浩選手は宮城県出身で高校野球の強豪、東北高校に進学します。東北高校では2年夏、3年春、夏と3季連続で甲子園に出場。2年時は背番号「10」、3年時は背番号「1」をつけエースとしてチームをベスト8に導いています。このチームで一塁を守っていたのは後に阪神に入団する葛西稔選手です。
葛西選手は佐々木選手がいたため、投手として甲子園での登板は1試合のみでほぼ野手としての出場でした。阪神で野村克也監督がみせた「遠山、葛西スペシャル」は葛西選手の一塁経験があったから実現したものでもあるのです。
また、佐々木選手の2年後輩には斎藤隆選手(元楽天)も在籍していました。佐々木選手と斎藤選手は高校、大学、プロと同じチームでプレーすることになるのです。
佐々木選手は東北高校から同じ宮城の東北福祉大学へ進学。大学時代には全日本大学野球選手権大会で2度の準優勝を飾るなどドラフト候補として注目を浴びる存在でした。その佐々木選手のドラフトは1989年です。

大豊作の1989年のドラフト会議

佐々木選手はドラフト上位指名候補の一人として注目を浴びていました。しかし、佐々木選手は大学時代に故障があったことも影響し評価が下がっていたのです。そして何と言ってもこの年の目玉は新日鉄堺の豪腕・野茂英雄選手でした。
ドラフト会議が始まると1位指名では8球団が野茂選手に入札します。野茂選手に入札しなかった4球団は巨人が大森剛選手、中日が与田剛選手、広島が佐々岡真司選手、西武が潮崎哲也選手を指名。佐々木選手の名前は呼ばれません。
近鉄が抽選の末に野茂選手の交渉権を獲得し抽選にハズレた7球団がハズレ1位指名選手へ入札。佐々木選手はハズレ1位で大洋に指名されたのです。この年のドラフトは空前絶後の大豊作で佐々木選手の他には野茂選手、前田智徳選手(広島)、古田敦也選手(ヤクルト)が名球会入り。新庄剛志選手(阪神)もこの年のドラフトで指名されました。
佐々木選手は入団を拒否する意向を持っていましたが最終的に入団。プロ生活を大洋でスタートさせたのです。

おすすめの記事