「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【球史に名を残した偉人達】攻守に渡ってチームを牽引・古田敦也選手

2017 5/17 09:55cut
野球,キャッチャー
このエントリーをはてなブックマークに追加

アマチュア時代はオリンピック銀メダル

古田敦也選手は川西明峰高校から立命館大学へ進学。関西学生野球連盟でベストナインに4度選ばれ、大学日本代表にも選ばれるほどの選手に成長します。ドラフト候補の1人として注目を浴びていたのです。
しかし、大学4年時の1987年ドラフトで古田選手の名前が読み上げられることはなくトヨタ自動車に就職します。この年のドラフト1位は大卒では長嶋一茂選手(ヤクルト)、高卒ではPL学園の立浪和義選手(中日)、橋本清選手(巨人)、野村弘樹選手(大洋)らが指名されています。
トヨタ自動車へと進んだ古田選手は1年目からレギュラーを獲得し、1988年にはソウルオリンピック日本代表にも選ばれます。日本代表では野茂英雄選手(元近鉄)、潮崎哲也選手(元西武)らとバッテリーを組みました。また、チームメートには野村謙二郎元広島監督や應武篤良元早稲田大学監督なども揃っていました。
そのオリンピックで古田選手は5試合に出場し打率.353、0本塁打、4打点の成績を残し銀メダルに貢献します。アマチュアでの活躍が認められ古田選手は1989年のドラフトでヤクルトから2位指名を受け入団に至ります。
「メガネを掛けた捕手は大成しない」と言われていた時代ですがドラフト上位で指名されたのです。ヤクルトの監督は名捕手として南海ホークスなどで活躍した野村克也監督でした。

2年目で首位打者へ

ドラフト2位でプロ入りを果たした古田選手は初年度から106試合に出場。正捕手として活躍する第一歩を踏み出しました。
翌1991年は128試合に出場し打率.340で首位打者を獲得。捕手としての首位打者は野村監督の現役時代以来、史上2人目の快挙でした。また、打撃タイトルの獲得をした捕手は野村監督、田淵幸一選手につぐ3人目です。オールスターゲームにも出場するなど名捕手への道を着々と進んでいきました。
この年以降、3年連続で打率3割をマークしますが1994年に故障もあり76試合の出場に終わってしまいます。1995年は復活し130試合に出場、打率.294と好調のキープ。チームを優勝へと導きます。この年の日本シリーズはイチロー選手率いるオリックス・ブルーウェーブです。
日本シリーズ前からイチロー選手と野村監督、古田選手の対戦に注目が集まります。野村監督は「イチローはインハイに弱い」と発言しイチロー選手にブラフを仕掛けます。その発言もあり古田選手はイチロー選手を日本シリーズで抑えオリックスを4勝1敗で下しました。
イチロー選手はシーズンで打率.342、25本塁打、80打点、49盗塁で首位打者、打点王、盗塁王を獲得。本塁打もトップと3本差となっていましたが、日本シリーズでは打率.263、0本塁打、2打点と仕事が出来ませんでした。

おすすめの記事