「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【球史に名を残した偉人達】『オレ流』采配・落合博満監督

2017 5/17 09:55cut
野球ボール、グローブ
このエントリーをはてなブックマークに追加

2003年オフに監督就任

中日・落合博満監督はロッテ、中日、巨人、日本ハムで20年間の現役生活を終えた後、評論家時代を経て2004年に誕生する。 現役時代から『オレ流』とされているほどの我流であった落合監督の采配には多くの野球ファン、野球関係者が興味を示した。
2003年オフに中日との3年契約が発表され、まず行ったことは戦闘服であるユニフォームデザインの変更。そして、多くの選手の背番号変更を行う。また、FAやトレードなどでの戦力アップを行わず現有戦力で日本一になると公言したのだ。 落合監督が就任する前年の2003年は山田久志監督のもとで中日は2位とAクラスではあった。しかし、セリーグ優勝を果たした阪神からは14.5ゲーム差を付けられており、補強は必須と見られていたにも関わらずだ。
2004年のシーズン前には「戦力10%底上げで優勝できる。開幕は川崎」と大胆発言。この発言には多くのファンは疑問を持った。特に開幕投手に指名した川崎憲次郎選手は2000年オフにFA宣言でヤクルトから移籍したものの、故障があり一軍登板は3年間で1試合もなかったのだ。 1年を戦う上で大切な開幕戦にもかかわらず3年間、登板のない川崎選手を先発投手に指名したことは今でも大きなトピックとして取り上げられることもあるほどだ。
このような『オレ流』で落合監督の1年目は幕を開けた。

オレ流炸裂の2004年シーズン前

大きな補強もなく就任1年目の春季キャンプを迎えた落合監督は初日から紅白戦を実施した。これは異例のことで、通常のキャンプであれば初日から紅白戦を行うことはせず徐々に身体を仕上げてから行っていく。
その異例ともいえる初日の紅白戦に向けて選手たちはオフシーズンの過ごし方を考えるようになる。また、試合ができる身体でキャンプに臨むことで「明日からシーズンが始まっても大丈夫」と当時、主力になりかけていた荒木雅博選手も語っていた。「仕上げが早かったことでキャンプ中に様々なことを試すことができた」とも後に語っている。
しかし、あまりにも早い仕上げだったため「こんなに早く仕上げては、1年間のシーズンを乗り切ることができない」といった批判も聞こえていた。しかし、『オレ流』の落合監督には関係ない。
補強なし、キャンプ初日に紅白戦という異例続きのオフシーズンを過ごし中日は開幕戦を迎えることになるのだ。開幕戦の先発は予告していたとおり中日移籍後初登板となる川崎選手だった。この開幕戦で川崎選手は1.2回を投げ5失点でノックアウト。しかし、打線が奮起し試合は中日が8-6で勝利する。この『開幕投手川崎』は8年間の監督生活の中で唯一、落合監督が先発投手を決めた試合でもあったのだ。その試合で見事に結果を出した。
この年、中日は予想を覆す快進撃を続け2位のヤクルトに7.5ゲーム差を付けリーグ優勝を果たした。「戦力10%底上げで優勝できる」と語っていた落合監督の言葉通りとなったのだ。日本シリーズでは西武に破れるが、監督としての手腕を大きく発揮した監督初年度だった。

おすすめの記事