「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017年キャンプ・オープン戦総評【パリーグBクラス編】

2017 5/17 09:55Mimu
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

【埼玉西武ライオンズ】守備の向上が上位浮上の鍵

2017年シーズンの開幕に向け、各チームがキャンプ・オープン戦で調整を行っています。今回は12球団の中でも、パリーグBクラスだった3チームのキャンプ・オープン戦の様子を紹介しましょう。まずは2016年シーズン4位だった埼玉西武ライオンズからです。

新たに辻発彦(つじはつひこ)監督が就任したライオンズですが、とにもかくにも守備力の向上が課題です。チーム失策数84というのは、パリーグで最も悪い数字です。
とりわけショートがここ数年固定できていないというのが非常に大きいでしょう。キャッチャーの炭谷銀仁朗(すみたにぎんじろう)選手、セカンドの浅村栄斗(あさむらひでと)選手、センターの秋山翔吾(あきやましょうご)選手といった他のセンターラインは安定していますし、打線の破壊力は12球団の中でもかなりのレベルです。それだけに、何とかしてショートのポジションを固定したいところなのですが……。

【埼玉西武ライオンズ】ショート争いはルーキーが勝利か?

2016年シーズンは、序盤は外崎修汰(とのさきしゅうた)選手や鬼崎裕司(おにざきゆうじ)選手、金子侑司(かねこゆうじ)選手らがつとめ、中盤は永江恭平(ながえきょうへい)選手と鬼崎選手が、そして後半には呉念庭(ウー・ネンティン)選手が起用されるなど、まったく安定しないポジションでした。
金子選手はライトにコンバートされてブレイクしたものの、どの選手も守備でミスが多すぎる・打撃が全く期待できないなど、レギュラーとして固定するには大きすぎる課題を持っていたのです。

今キャンプでも、ショート候補が熾烈な争いを繰り広げる中、ある選手が彗星のごとく現れてきました。ドラフト3位ルーキー、源田壮亮(げんだそうすけ)選手です。守備力は即戦力クラスという評価で入ってきた源田選手ですが、意外なことに、アピールしたのは打撃の方でした。
実は守備の方は足さばきに課題があり、プロレベルでは苦労するといわれていたのですが、一方で打撃は非常に好調で、キャンプ・オープン戦では結果を残し続けています。足さばきも辻監督の直接指導の元、短時間でかなり改善されたそうで、このままいけば開幕スタメンとのこと。非常に楽しみですね。

おすすめの記事