2017年キャンプ・オープン戦総評【パリーグAクラス編】|【SPAIA】スパイア

「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017年キャンプ・オープン戦総評【パリーグAクラス編】


【北海道日本ハムファイターズ】穴を埋めるのは誰?熾烈なセンター争い

いよいよ2017年シーズンが始まりますね。この開幕の日を迎えるために、各球団様々なトレーニングを行ってきました。今回は昨季パリーグAクラスだった3チームのキャンプ・オープン戦の様子を振り返っていきましょう。まずは昨年パリーグを制覇、そして見事に日本一に輝いた日本ハムのキャンプからです。

日本ハムといえば、やはり移籍した陽岱鋼(ようだいかん)選手の穴を誰が埋めるかに注目が集まっています。4年目の岡大海(おかひろみ)選手が筆頭かと思われたのですが、そこに巨人から移籍していた大田泰示(おおたたいし)選手が割って入り、熾烈な争いを繰り広げていました。ですが、キャンプ中にアピールが好印象だったのは大田選手の方でした。練習試合などでも長打を連発していたのです。
巨人ではなかなか殻を破れなかった大田選手ですが、いよいよ日本ハムで開花かとも思われていました。しかし、オープン戦で左腹斜筋を痛めてしまい、開幕絶望となってしまったのです。ここまで良い状態をキープできていたのに、本当に残念です。シーズンが始まってから巻き返すことができるでしょうか。

【北海道日本ハムファイターズ】復活にかける上沢直之

一方投手陣にも期待したい人物がいます。それは上沢直之(うわさわなおゆき)選手です。2014年に8勝をあげ、さらにクライマックスシリーズでも好投を見せていた上沢選手ですが、右肘のケガの影響もあって2016年は登板なし。そのため、2017年シーズンにかける想いは誰よりも強いでしょう。
キャンプ中から非常に好調で、実戦でもしっかりと結果を残し、栗山監督からの評価を高めました。オープン戦でもほぼ完璧な投球を見せており、すでに開幕ローテーションにも内定済みです。

それ以外で注目なのは、日本球界に復帰した村田透(むらたとおる)選手や、昨年も先発・中継ぎで結果を残した加藤貴之(かとうたかゆき)選手等でしょうか。やはり日本ハムの投手というと、大谷翔平選手や斎藤佑樹選手ばかりが注目されがちですが、こういった実力のある選手もたくさんそろっているのです。

【福岡ソフトバンクホークス】今年も優勝候補!充実した戦力は健在

日本ハムが大逆転で栄光をつかんだ一方、絶望を味わってしまったのが福岡ソフトバンクホークスです。夏頃まではパリーグを独走も、やや調子を落とした瞬間、日本ハムにすごい勢いで追い抜かされてしまいました。最大11.5ゲーム差をひっくり返されるとは、誰も想像しませんでした。
とはいえ、戦力的には今年も充実しており、優勝候補であることにはかわりありません。ロッテからアルフレド・デスパイネ選手を獲得しており、打線の破壊力はさらに増しました。ドラフトでも5球団競合の田中正義(たなかせいぎ)選手を見事に引き当て、戦力はさらに充実しています。

このキャンプを見ても、特に実績のある選手たちは非常に好調です。野手では柳田悠岐(やなぎたゆうき)選手が好調というニュースをよく目にします。紅白戦では弾丸ライナーのホームランを放っており、その打棒には今年も期待できるみたいです。
投手ではベテランの和田毅(わだつよし)選手や、昨年9勝をあげた5年目の東浜巨(ひがしはまなお)選手も非常に調子が良いですね。和田選手はキャンプ中から開幕投手が内定済み。オープン戦でも2試合で完璧な投球を見せており、仕上がりは上々です。東浜選手も調子が良く、今年は2桁勝利の期待がかかります。

【福岡ソフトバンクホークス】4年目の外野手はブレイク寸前か!?

キャンプ中、若手選手の中で目立っていたのが上林誠知(うえばやしせいじ)選手でしょうか。仙台育英高校から入団した4年目の選手で、2015年にはプロ初本塁打を満塁ホームランで飾るなど、何か期待したくなるものをもっています。2017キャンプでは連日の特打を行っており、柵越えを連発。食事の気をつかい、体重を10キロも増やしたらしく、順調にパワーアップしています。オープン戦でも横浜スタジアムの看板に直撃する、特大のホームランを放ちました。もともと守備走塁には定評のある選手です。外野の層は非常に厚いですが、その一角に食い込むことはできるのでしょうか。

【千葉ロッテマリーンズ】ドラフト1位ルーキーが順調

2016年パリーグ3位だった千葉ロッテマリーンズのキャンプを見ていきましょう。3位といっても、日本ハム、ホークスといった上位陣との戦力差は明白であり、特に先発投手陣の層の薄さや、そして長打力不足などが課題となります。投手陣では涌井秀章(わくいひであき)選手、石川歩(いしかわあゆむ)選手に次ぐ先発ローテーションの発掘。打線ではソフトバンクに移籍したデスパイネの穴埋めが急務となっていました。

しかし、2017キャンプではルーキーの活躍が目立っていました。まずはドラフト1位で入団した佐々木千隼(ささきちはや)選手です。キャンプ序盤は慣れない環境の中で思ったように投げられなかったり、あげく爪を割ってしまったりといったシーンもありましたが、いざオープン戦が始まるとかなり精度の高い投球を見せていました。この高い対応力があれば、シーズンでも期待出るかと思います。
先発投手陣では、ほかにも唐川侑己(からかわゆうき)選手や西野勇士(にしのゆうじ)選手らもいます。先発ローテーションが充実してくれば、上位チームを脅かす存在となるでしょう。

【千葉ロッテマリーンズ】長打力不足は解消なるか

長打力という面では、新外国人のジミー・パラデス選手、マット・ダフィー選手がキャンプ・オープン戦で結果を残しています。パラデス選手はメジャー経験もあり、その長打力はかなりのもの。シーズンに入っても4番を任される予定です。
一方のダフィー選手は打撃もそうなのですが、守備でも評価が高く、攻守にわたって活躍を見せています。打撃以外も売りがあるので、非常に心強いですね。2人とも明るい性格で、すっかりとチームに溶け込んでいますが、後はシーズンに入ってから変化する相手からの攻めに、どれだけ対応できるかが鍵でしょう。

そしてもう1人、長打力で期待したい選手がいます。ルーキーの菅原祥太(すがわらしょうた)選手です。日本ウェルネススポーツ大学から育成ドラフト2位で入団。しかし、その長打力に大きな注目が集まり、育成ドラフトルーキーとしては初の1軍キャンプ抜擢となりました。
183cm95kgという恵まれた体格から放たれる打球は、ものすごいスピードでフェンスにまで達してしまうといいます。今の目標はまず支配下に登録されることですが、いつの日か、そのスイングだけでファンを魅了するような選手になってくれるかもしれません。

ここまで、パリーグAクラスのキャンプ・オープン戦の様子を紹介しました。どのチームも中堅選手たちがある程度盤石であるため、やはりこの時期は若手選手たちに注目が集まりますね。彼らの中から、2017年シーズンを盛り上げてくれる選手が出てくるのでしょうか。

おすすめの記事

関連記事

プロ野球 試合経過・結果

  • 本日開催される試合はありません

B1 順位表

東地区
中地区
西地区
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}

プロ野球 OPS順位

セ・リーグ
パ・リーグ
 選手名・所属チームOPS 
{{index + 1}}{{item.raw.Name}}{{item.raw['ShortName-Team']}}{{item.metrics.ops.toFixed(3)}}{{item.metrics.ops.toFixed(3).substring(1)}}
 選手名・所属チームOPS 
{{index + 1}}{{item.raw.Name}}{{item.raw['ShortName-Team']}}{{item.metrics.ops.toFixed(3)}}{{item.metrics.ops.toFixed(3).substring(1)}}

人気記事ランキング

SPAIA スポーツコラム ライター募集中!