「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017年キャンプ・オープン戦総評【パリーグAクラス編】

2017 5/17 09:55Mimu
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

【北海道日本ハムファイターズ】穴を埋めるのは誰?熾烈なセンター争い

いよいよ2017年シーズンが始まりますね。この開幕の日を迎えるために、各球団様々なトレーニングを行ってきました。今回は昨季パリーグAクラスだった3チームのキャンプ・オープン戦の様子を振り返っていきましょう。まずは昨年パリーグを制覇、そして見事に日本一に輝いた日本ハムのキャンプからです。

日本ハムといえば、やはり移籍した陽岱鋼(ようだいかん)選手の穴を誰が埋めるかに注目が集まっています。4年目の岡大海(おかひろみ)選手が筆頭かと思われたのですが、そこに巨人から移籍していた大田泰示(おおたたいし)選手が割って入り、熾烈な争いを繰り広げていました。ですが、キャンプ中にアピールが好印象だったのは大田選手の方でした。練習試合などでも長打を連発していたのです。
巨人ではなかなか殻を破れなかった大田選手ですが、いよいよ日本ハムで開花かとも思われていました。しかし、オープン戦で左腹斜筋を痛めてしまい、開幕絶望となってしまったのです。ここまで良い状態をキープできていたのに、本当に残念です。シーズンが始まってから巻き返すことができるでしょうか。

【北海道日本ハムファイターズ】復活にかける上沢直之

一方投手陣にも期待したい人物がいます。それは上沢直之(うわさわなおゆき)選手です。2014年に8勝をあげ、さらにクライマックスシリーズでも好投を見せていた上沢選手ですが、右肘のケガの影響もあって2016年は登板なし。そのため、2017年シーズンにかける想いは誰よりも強いでしょう。
キャンプ中から非常に好調で、実戦でもしっかりと結果を残し、栗山監督からの評価を高めました。オープン戦でもほぼ完璧な投球を見せており、すでに開幕ローテーションにも内定済みです。

それ以外で注目なのは、日本球界に復帰した村田透(むらたとおる)選手や、昨年も先発・中継ぎで結果を残した加藤貴之(かとうたかゆき)選手等でしょうか。やはり日本ハムの投手というと、大谷翔平選手や斎藤佑樹選手ばかりが注目されがちですが、こういった実力のある選手もたくさんそろっているのです。

おすすめの記事