「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017年キャンプ・オープン戦総評【セリーグBクラス編】

2017 5/17 09:55Mimu
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

【阪神タイガース】若手選手が打撃好調も守備にほころび…

2017年シーズンの開幕に向けて、各球団がキャンプ・オープン戦で調整を行ってきました。今回は12球団の中から、2016年セリーグBクラスに終わってしまった3チームのキャンプ・オープン戦の様子を紹介していきましょう。まずは4位の阪神タイガースから紹介します。

2016年のタイガースは4位という成績でしたが、しかしその結果以上に、確実に次につながるものは残ったシーズンでもありました。特に北条史也(ほうじょうふみや)選手、原口文仁(はらぐちふみひと)選手、高山俊(たかやましゅん)選手は期待ができます。北条選手は鳥谷敬(とりたにたかし)選手とのショート争いに勝利。すでにショートでの開幕スタメンを言い渡されており、オープン戦でもしっかりと結果を残しています。
原口選手はファーストへコンバートされるようですが、それだけ打撃に期待されているということでしょう。コンバートへは賛否両論ありますが、いずれキャッチャーとしてもその打棒を発揮してほしいものです。高山選手は長打力がアップしたみたいですね。2桁ホームランにも期待ができるでしょうか。

とはいえ、大きな課題であった守備力では、今年もミスが目立っています。2016年のチーム失策数97というのは12球団でもダントツの数字です。オープン戦でもかなりの数の失策をしており、鳥谷選手や北条選手、中谷選手に上本選手、さらには外野手の高山選手まで、失策を重ねてしまっているのです。まだオープン戦、されどオープン戦、開幕への不安は膨らみます。

【阪神タイガース】監督も期待を寄せるドラフト2位ルーキー

しかし、投手陣は明るいニュースがありました。ルーキーの中にすごい球を投げる選手がいると話題になりました。ドラフト2位で入団した小野泰己(おのたいき)選手です。福岡県の折尾愛真(おりお あいしん)高校から岩手県の富士大学を経て、タイガースへと入団しました。
富士大学はここ数年でNPBへの選手の輩出が増えており、広島カープの中村恭平(なかむらきょうへい)選手や西武ライオンズの山川穂高(やまかわほたか)選手、外崎修汰(とのさきしゅうた)選手、多和田真三郎(たわたしんざぶろう)選手などを輩出している大学です。小野選手はそういったレベルの高い環境の中で2年の春から中心選手として活躍しています。

特に評価されているのがそのストレートです。最速153キロを記録したストレートは、藤川球児選手のように浮き上がる軌道を描くともいわれています。キャンプ中に行われた紅白戦では、梅野選手、大山選手、坂本選手を完璧に抑えました。2月の時点でも151キロを記録。金本監督も絶賛の投球でした。
金本監督といえば、昨年のキャンプでも北条選手・原口選手をMVPにあげており、選手を見る目は抜群です。その金本監督が絶賛するのですから、非常に楽しみですよね。オープン戦では少し打ち込まれましたが、これからに期待できる選手でしょう。

おすすめの記事