「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017年キャンプ・オープン戦総評【セリーグAクラス編】

2017 5/17 09:55Mimu
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

【広島カープ】セリーグ2連覇に向けて投手の補強が急務

開幕に向けて、どの球団も徐々に選手たちが調子を上げつつあります。そんな中、各球団はどのようなキャンプ、そしてオープン戦を行ってきたのでしょうか。今回は12球団のうち、2016年でセリーグのAクラスだった3チームの様子を紹介しましょう。

まずは前年セリーグを制覇した広島東洋カープから。カープはやはり投手陣の補強が急務ですよね。昨シーズンが限りで黒田博樹さんが引退したこともあり、これで2015年の前田健太選手に続き、2年連続でエース級の投手がチームから去ってしまいました。ドラフトでは指名した6人のうち、5人が投手というところからもわかるように、その穴を埋めることこそが2連覇に向けての鍵となるのです。

【広島東洋カープ】あの名スカウトも注目!?ドラ1位ルーキー加藤拓也

では、今キャンプではどんなピッチャーがアピールをしていたのでしょうか。やはり注目は、ドラフト1位で入団した加藤拓也(かとうたくや)選手です。慶應義塾大学からプロの世界に飛び込んだ右腕は、キャンプ中も連日アピールを続けました。
初めて登板したフリー打撃では、田中広輔(たなかこうすけ)選手、菊池涼介(きくちりょうすけ)選手、鈴木誠也(すずきせいや)選手を相手という厳しい状況の中、ボール球を振ってもらえないというプロの洗礼を浴びてしまいましたが、それでも田中広輔選手からは変化球を褒めてもらったりなど、チーム内でもその評価が高まりつつあります。

実は彼を高く評価していた苑田聡彦(そのだとしひこ)さんは、専修大学時代の黒田博樹さんをスカウトした人物でもあります。そんな人が良い選手だとおっしゃるのですから、やはり注目せざるを得ませんよね。練習試合やオープン戦といった実戦ではフォアボールが多く、まだまだ課題は残りますが、それでも期待したくなる何かのある選手です。

おすすめの記事