「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2度のゴールデングラブ賞もレギュラーは危うい!?荒波翔は復活なるか

2017 5/17 09:55Mimu
野球 外野
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年はその存在をアピールすることができるか

2017年シーズンは後のないシーズンとなってしまうのが、横浜DeNAベイスターズの荒波翔(あらなみしょう)選手です。横浜高校から東海大学、そしてトヨタ自動車を経て、2010年のドラフト3位で横浜ベイスターズ(当時)に入団すると、2年目の2012年からレギュラーに定着。そこから2年連続のゴールデングラブ賞に輝く活躍を見せてくれました。そのスピード感のあふれるプレーはファンを魅了し、待望の地元出身スター選手の誕生かと思われていました。
しかし2014年からはケガの影響もあってか出場試合数が激減。特に2016年シーズンには桑原将志(くわはらまさゆき)選手がセンターに定着したこともあり、ますますその立場は危うくなってしまいました。その高い守備力も、試合に出場しなければ意味がありません。はたして、荒波選手は復活することができるのでしょうか。今回は彼の過去の成績を振り返るとともに、その復活のためのポイントを紹介していきましょう。

レギュラー定着1年目でゴールデングラブ賞獲得

まずはこれまでの荒波選手を紹介していきましょう。やはりその存在を大きく印象づけたのは、2012年ですね。開幕スタメンから試合に出場し、4月後半からは1番に定着。そしてそのまま1年間レギュラーを守り抜き、141試合に出場しました。
特に守備走塁面での活躍は本当に見事というほかありません。俊足を生かした広い守備範囲はもちろん、肩の強さもかなりのもので、10個の捕殺(送球でランナーを刺した回数)を記録したほどです。この数字が評価されてか、ゴールデングラブ賞を獲得しました。走塁面でも、リーグトップの7本の三塁打をマークしたほか、リーグ2位となる25盗塁も記録。スピード感あふれるプレーでファンを魅了します。
一方で打撃面ではやや課題が残りました。春先は非常に好調で、6月頃までは3割前後の打率をキープしていたのですが、好不調の波が激しく、特に6月後半と9月中盤の2度の不振は大きく響きました。最終的な打率は.268という数字でしたが、6月前半には3割近くあった打率が7月には.250になり、8月には.280まで戻すものの、9月には再び.260まで下降。来シーズンに向けての課題が大きく見つかったのです。

おすすめの記事