「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2016年シーズン/注目のプロ野球選手の成績は?

2016 8/11 12:57
山田哲人 柳田悠岐 秋山翔吾
このエントリーをはてなブックマークに追加

プロ野球ファンの方へ。 2015年シーズンに大活躍した選手たちは今シーズンどうなのかを知りたいと思いませんか? 2015年シーズンに大活躍した山田哲人選手、柳田悠岐選手、秋山翔吾選手の今シーズンの成績をご紹介します。 【成績は2016年6月13日現在】

今年も絶好調!プロ野球界に現れたニューヒーロー山田哲人

東京ヤクルトスワローズを2015年のリーグ優勝に導いたのは、山田哲人選手と言っても過言ではないでしょう。プロ野球史上初めてホームラン王と盗塁王を同時に獲得した山田哲人選手は、打率.329、本塁打38本、盗塁34個とトリプルスリーまで達成します。
その山田哲人選手は、今シーズンも開幕から好調です。毎年、開幕直後は低空飛行が続く山田哲人選手ですが、今シーズンは6月11日にリーグ最速の20号ホームランを放つなど、6月13日時点で打率.324、本塁打20本、盗塁16個と、2年連続のトリプルスリーに加えて三冠王まで視野に入っています。
最近の活躍で山田哲人選手の知名度は全国区になり、山田哲人選手を見るためにスタジアムへ足を運ぶファンも増えているようです。2年連続のトリプルスリーそして三冠王に期待です。

勝負を避けられるのは強打者の証!柳田悠岐

山田哲人選手と同様に、2015年にトリプルスリーを達成した柳田悠岐選手(福岡ソフトバンクホークス)は、開幕から18試合連続で四球を選ぶ日本新記録を達成するなど、勝負をしてもらえません。
4月は勝負を避けられることで調子が上がらず、打率.236、本塁打2本と低迷しましたが、5月からは本領を発揮し、6月13日現在で打率.293、本塁打10本と数字を整えてきました。勝負を避けられることでバッティングを崩されましたが、徐々に対応し始めたのです。
柳田悠岐選手には、トリプルスリーのその先にある40-40(40本塁打、40盗塁)を目指して頑張ってもらいたいですね。

おすすめの記事