「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

野球を観戦する時のマナー5選

2016 8/11 12:57
野球 観戦
このエントリーをはてなブックマークに追加

野球観戦はファンにとっては至福の一時だ。しかし、マナーを守らない人がいるのも事実。今回は野球観戦をする上で最低限守らないといけないマナーを5つ紹介する。

持ち込みが禁止されているもの

スタジアム等の球場では、持ち込みが禁止されているものがある。花火や爆竹はもちろんのこと、ビンや缶類の持ち込みも禁止されている。初めて観戦に行く人がよくしてしまうこととして、飲み物等を持っていくことが挙げられますが、気をつけておきたいのが、ペットボトル以外の缶ジュース等は持ち込みできないということだ。もし持っていってしまった場合は、入り口で紙コップに移す事になるので、観戦の際には持ち込みできないものをあらかじめチェックしておくと良いだろう。

写真を撮る際に気をつけるマナー

観戦に行った時は、自分のファンの選手や試合を写真に撮りたいことがあるだろうが、その際にはフラッシュは絶対に禁止だ。これは、試合をしている選手にとって危険な行為になるためである。写真を撮る際には、フラッシュをたかないよう注意したい。もちろんその類のレーザーポインタなどの使用も堅く禁止されている。必ずフラッシュがOFFになっている事を確認してから撮るようにしたい。

雨天時の観戦でも傘をさすのは禁止

屋根のない球場での観戦の場合、突然雨が降り出すこともある。しかし、雨が降っても傘をさしてはいけない。傘をさして観戦をすると、自分は良いかもしれないが、後ろの席の人が傘が邪魔で観られなくなってしまったり、周りの人に傘が当たってしまったりしてとても危険だ。雨天時の用意するものとしては、レインコートを持って行くのが良いだろう。観戦しているのは自分だけではない、ということを忘れないようにしたい。

観戦は必ず座って観る事を心がける

応援に熱が入って、立ったまま応援している人がいるが、そういった行為は周りの人の迷惑になる。立っている事で後ろの人の邪魔になり、観戦を妨げてしまう行為となってしまうため、必ず座って観戦するようにしたい。それでも、自分の応援しているチームのホームランや逆転などの際に、思わず立ってしまう事はあるだろう。その場面場面で立つ事は良くても、そのまま立ち続けて試合を観戦する事はマナー違反となるので注意したい。

グラウンドに物を絶対に投げ込まない、ゴミは持ち帰る

球場への食べ物の持ち込みは可能だ。お弁当を食べたり、おかしを食べたりするのは自由だが、自分が出したゴミは必ず指定のゴミ捨て場に捨てるか、持って帰るようにしたい。指定のゴミ箱があった場合でも、パンパンになっている可能性もある。だからといって、その辺にゴミを捨てて良いわけではない。自分の応援しているチームが負けてしまった時に、ゴミやメガホンなどをグラウンドに投げ入れる人もいるが、こういった行為は絶対に禁止だ。ファンとしても恥ずかしい行為だ、という事を肝に銘じておきたい。



初めて観戦に行く予定でどうしたらいいか分からない人も、これらのことを参考に、マナーを守って気持ち良く観戦してほしい。そして球場での観戦ならではの臨場感や興奮を、ぜひ体感してほしい。

おすすめの記事