【プロ野球パ・リーグ】キャッチフレーズで占う2017年の展望!|【SPAIA】スパイア

「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【プロ野球パ・リーグ】キャッチフレーズで占う2017年の展望!


野球

出典 https://www.daily.co.jp/

史上に残る大逆転でファンを熱狂させた、パ・リーグ2016年のペナントレース。 その記憶も新しい中、早くも2017年シーズンが始まっています。 6球団は来たるシーズンにどんな意気込みを見せているのか?そのヒントとして、各チームのキャッチフレーズに焦点を当ててみました。

日本一の連覇へ挑むファイターズ、フレーズに潜むジンクスへの挑戦

2016年を優勝で飾った北海道日本ハムファイターズ。ペナントレースでは最大11.5のゲーム差を大逆転、その勢いのままクライマックスシリーズ、日本シリーズを制しました。新シーズンでパ・リーグと日本一の連覇に挑める唯一の球団です。
キャッチフレーズは、2016年の「爆ぜる」から「F-AMBITIOUS」という英語表記に変わりました。ファイターズとファンの頭文字であるFに、北海道ゆかりのクラーク博士が残した名言を連想するAMBITIOUSが組み合わされています。
地元愛が溢れるスローガンですが、実はファイターズ、これまで北海道にちなんだフレーズをつけた年は優勝したことがありません。2017年は連覇とともにジンクスへの挑戦が待ち受けます。

「1」にこだわるソフトバンク、公約達成に充分な選手陣容

2016年はシーズン後半にまさかの失速、日本ハムに逆転を許した福岡ソフトバンクホークスですが、戦力では依然として12球団でもトップを争う陣容を揃えています。それだけに、覇権奪回への意気込みは相当なものがあるはずです。
2015年、16年と2年続いた「熱男」のキャッチフレーズも2017年は一新、新しいスローガンは「1(ワン)ダホー!」です。数字の1とワンダフル、ホークスといったワードが含まれています。とりわけ、1番や日本一、一致団結といった「1」に対するこだわりが強く、新シーズンに懸ける思いが伝わってくるフレーズです。球団の会長を務める王貞治氏が背番号1で活躍していたことも思い出されます。

限界を超えてさらに高みへ!新シーズンに懸けるマリーンズの決意

2016年のペナントレースでは、しぶとく勝利を重ねていた千葉ロッテマリーンズですが、日本ハムとソフトバンクのデッドヒートに最後は引き離されてしまいました。後半戦でもう1段ギアを上げられれば優勝争いに加われた可能性もあるだけに、チームにとっては悔しいシーズンとなっています。
2005年以来となるパ・リーグ制覇に向けた新キャッチフレーズは「翔破 ~限界を超えろ!~」。2016年に続く「翔破」というワードに「限界を超えろ!」という強いメッセージが加わり、尻すぼみに終わった昨季からの新たな決意が感じられます。
攻守に高い戦力を有するマリーンズの飛躍が注目されるシーズンとなりそうです。

立て直しを図るライオンズ、かつての強さをつかめるか?

2016年シーズンを4位で終えた埼玉西武ライオンズ。143試合で借金12、首位とは23ゲーム差と大きく離された成績でした。直近の3年間をBクラスで過ごしており、かつての強さが身を潜めている状態です。
立て直しが急がれるライオンズの今季キャッチフレーズは「CATCH the ALL つかみ獲れ!」。若手選手にはレギュラーをつかむための奮起を促し、チーム一丸となることでファンの信頼をつかみ、優勝の座をつかもうという意欲が表れたスローガンです。
2016年を数値で見ると、チーム打率はリーグ2位、安打数と二塁打数は同1位と能力は高く、勝負強さが加われば優勝争いを演じてもおかしくありません。

東北に「夢」を約束した楽天、優勝以来のAクラス入りへ

2013年に歓喜の初優勝を成し遂げた東北楽天ゴールデンイーグルスですが、翌14年以降は6位、6位、5位と低迷が続いています。震災からの復興を進める東北の方々にとって、地元チームの活躍は大きな刺激となるはず。2017年シーズンは4年振りのAクラス入りを果たしたいところです。
新しいキャッチフレーズは「東北・夢・再び- Smart & Spirit 2017 -」に決まりました。チーム全員が戦う姿勢を打ち出し、東北に夢を与えられるか注目が集まります。
また、2017年は球団初となる東北全県でのホームゲームが予定されており、多くのファンが試合を楽しみにしています。

地力では引けを取らないオリックス、「野球まみれ」で復権へ!

2016年を屈辱の最下位で終えたオリックス・バッファローズ。シーズンで作った借金は26を数え、あっさりと負けてしまうゲームも目立ちました。チーム打率、チーム防御率ともにパ・リーグ最下位と、新シーズンに向けて課題は少なくありません。
そんな苦しい状況を反映するかのように、2017年シーズンに向けたキャッチフレーズは「野球まみれ 一勝懸命2017」となっています。まさに全員が野球一筋になって、泥臭くても一勝のために尽くす、という決意が見えるスローガンです。
2014年には優勝したソフトバンクとゲーム差なしの2位になるなど、地力では決して他チームに劣っていません。キャッチフレーズを踏襲する戦いぶりが期待されます。

まとめ

毎シーズン激闘が繰り広げられるパ・リーグは、2017も6球団がそれぞれの強い決意で臨むことがキャッチフレーズから伝わり、意地と意地が激しくぶつかり合う、ドラマティックな展開が期待できそうです。

おすすめの記事

関連記事

プロ野球 試合経過・結果

セ・リーグ

4/23 20:54更新

パ・リーグ

4/23 20:54更新

交流戦

オールスター

クライマックスシリーズ

日本シリーズ

4/23 20:54更新

B1 順位表

東地区
中地区
西地区
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}

プロ野球 OPS順位

セ・リーグ
パ・リーグ
 選手名・所属チームOPS 
{{index + 1}}{{item.raw.Name}}{{item.raw['ShortName-Team']}}{{item.metrics.ops.toFixed(3)}}{{item.metrics.ops.toFixed(3).substring(1)}}
 選手名・所属チームOPS 
{{index + 1}}{{item.raw.Name}}{{item.raw['ShortName-Team']}}{{item.metrics.ops.toFixed(3)}}{{item.metrics.ops.toFixed(3).substring(1)}}

人気記事ランキング

SPAIA スポーツコラム ライター募集中!