「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【プロ野球セ・リーグ】キャッチフレーズで占う2017年の展望!

2017 5/1 10:13sachi
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 tokyo-sports.co.jp

2017年も秋まで続くペナントレースの激闘に期待が高まりますが、長い戦いを前にそれぞれの球団が掲げたキャッチフレーズをご存じでしょうか? そこには今季に懸ける意気込みが隠されています。 セ・リーグ6球団のキャッチフレーズに迫ってみました。

「神ってる」大躍進でセ・リーグを制した広島、今季は「カブク」!

「カープ女子」や「神ってる」など広島絡みのワードが社会を賑わせ、2016年シーズンのセ・リーグ覇者となった広島カープは、実に25年振りとなる優勝でファンの期待に応えました。
リーグ連覇、そして日本シリーズを制覇してカープに新たな歴史を刻みたい2017年、チームのキャッチフレーズは「カ舞吼!Kabuku」となっています。
このフレーズには「カープらしく舞い、吼えながら戦っていく」という意味が込められており、語感は歌舞伎に用いられる「傾く」という言葉からきています。闘志を前面に出すタイプの緒方孝市監督はじめ、チーム一丸で戦うカープらしいキャッチフレーズです。

3年振りの優勝へ、言葉に込めたジャイアンツの思い

2016年のペナントレースを2位で終えたとはいえ、カープに17.5ゲームという大差をつけられた読売ジャイアンツ。常勝軍団にとっては他チームの独走を許した屈辱的なシーズンでした。
「強いジャイアンツ」の再建へ向けて打ち出したキャッチフレーズは「新化 ~GIANTS PRIDE 2017~」です。就任2年目となる高橋由伸監督は、個々の精進と新しい自分を求める変化、そしてチーム全体の進化を目標にしています。
2016年の「一新 ~GIANTS PRIDE 2016~」に続き、新という文字とGIANTS PRIDEを掲げていることからも、来たるシーズンに懸ける思いが伝わってくるフレーズです。

おすすめの記事