「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

東京ヤクルトスワローズ、2017年の課題は?春季キャンプレポート

2017 4/25 12:52Mimu
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 urasoenavi.jp

東京ヤクルトスワローズの2017年春期キャンプが、沖縄県浦添市で行われました。 2016年シーズンは5位に終わってしまいましたが、2017年はセリーグの王座奪還に期待がかかります。 今回はヤクルトスワローズのキャンプについてまとめました。

2017年ヤクルト浮上のカギは投手陣

2015年シーズンは見事にセリーグを制するも、一転して5位に転落してしまった2016年のヤクルトスワローズ。その課題が投手陣であることは、誰の目から見ても明白でしょう。
打撃陣は、12球団中随一の破壊力を誇っているのにもかかわらず、セリーグではチーム防御率が4.73点だったため、2017年は大きな改善が必要だと思われます(ちなみにチーム防御率5位のDeNAは3.76)。そのため、特に今期キャンプでは、投手陣への注目が集中しました。

順調な調整をみせる主軸投手陣

2016年度チーム最多勝は、8勝を挙げた石川雅規選手と小川泰弘選手の2人です。つまり2ケタの勝利者は1人もおらず、その次に勝利数が多かったのが、(中継ぎで7勝を挙げた村中恭兵選手を除けば)6勝を挙げた山中浩史選手というで、小川選手も石川選手も防御率は4点台中盤、山中選手は3点台ではあるものの、6勝12敗と大きく負け越してしまっているという状況でした。
しかし、3名ともに2017年キャンプでしっかり調整できているようです。石川選手については、2月17日のDeNA戦の登板で無失点、シートバッティングといった実戦形式の練習でも好投を見せており、キャンプ序盤で打ち込まれてしまった小川選手も、17日の練習試合では見事な修正と回復を見せました。山中選手は、3月8日のオープン戦で5回無失点の好投。上々の仕上りを見せています。

おすすめの記事