「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

上位を脅かせるか!?千葉ロッテマリーンズ2017年春季キャンプ!

2017 4/20 11:07Mimu
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://chibatopi.jp

2月1日~21日、千葉ロッテマリーンズの2017年春季キャンプが沖縄県石垣市で行われました。 2016年シーズンのロッテはパリーグ3位で悪くはないのですが、もっと上の順位を目指すためには、さらなる戦力の充実が必要でしょう。 キャンプでは、どのような成果があったのでしょうか。

先発投手の駒と長打力不足がロッテの課題

ロッテの課題は、やはり先発投手陣でしょうか。昨年上位だった日本ハム、ソフトバンクの2チームと比べると、やはり投手層の厚さが違います。チーム防御率はロッテの3.66に対して、日本ハムは3.07、ソフトバンクは3.09でした。
とりわけ、先発投手陣には課題が山積みです。2016年のロッテで1年を通して安定していた先発投手は、石川歩選手と涌井秀章選手、ジェイソン・スタンリッジ選手くらいです。上位へ上がるためには、もう2~3人、ローテを守れる先発投手が出てきてほしいところです。
そして何よりも、長打力不足も解消すべき問題でしょう。2016年のチーム本塁打80本は、12球団でも最少の数字です。特に4番を務めていたアルフレド・デスパイネ選手がソフトバンクへ移籍したこともあり、その補強は急務ともいえます。この2つの大きな課題に対して、キャンプではどんな成果が表れているのでしょうか。

先発投手陣は昨年より充実か!?

まずは先発投手陣から見ていきましょう。このキャンプで注目だったのは、昨シーズン防御率5.34という数字ながら7勝を挙げた二木康太選手、長い不振から復活の兆しを見せた唐川侑己選手、そして先発に再転向する西野勇士選手です。3人とも練習試合や紅白戦、シートバッティングなどで状態の良さをアピールしており、これキープできれば、充実した先発ローテーションを組むことができると思います。
一方で、新戦力として期待されていたルーキーの佐々木千隼選手ですが、こちらはキャンプで序盤から猛アピールを続けるも、ストレートがシュート回転してしまったり、爪を割るハプニングが起きたりなどで、実戦登板のプランは白紙になってしまいました。
落合英二投手コーチもやや辛めの評価を残しており、ほろ苦い初キャンプになりました。初日から連日ブルペン入りし、気合いの入った姿を見せていただけに残念です。ここからオープン戦で巻き返しとなるでしょうか。

おすすめの記事