「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

狙うはセ優勝!横浜DeNAベイスターズキャンプ2017の成果は?

2017 4/20 11:07mikky
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 town.kadena.okinawa.jp

2016年のセ・リーグでシーズン3位に食い込み、悲願のクライマックスシリーズ初出場、そして上位にいた巨人を撃破してファイナルステージ進出と、躍進を果たした横浜DeNAベイスターズ。 さらなる飛躍が期待される17年シーズンを占うキャンプは、どのような成果があったのでしょうか。

ラミレス監督は「ポジティブ」とキャンプを振り返る

横浜DeNAのアレックス・ラミレス監督は、沖縄・宜野湾市で行った2017年春季キャンプを「ポジティブだった」と振り返っています。
具体的には、外国人3投手(ジョー・ウィーランド選手、スペンサー・パットン選手、フィル・クライン選手)のパフォーマンスが良く、山崎康晃投手などのリリーフ陣、ルーキーの活躍を評価しています。
また、今季新加入のアウディ・シリアコ選手(前BC・石川)が30打席で9本のヒットを放っていることにも言及するなど、新加入の外国人が機能している点を強調しています。

春季キャンプのMVPは4年目の捕手・嶺井選手

DeNAにおける春季キャンプでラミレス監督がMVPに挙げたのは、4年目の嶺井博希捕手(2013年ドラフト3位)でした。打っては14打数7安打6打点の活躍を評価。「勝負強くバントもしっかり、守備もいい」と絶賛されています。
2016年シーズンにおけるDeNAの正捕手は戸柱恭孝選手でしたが、「左腹斜腹筋肉離れ」と故障を抱えながら2軍調整中。嶺井選手は2番手捕手ですが、正捕手の座を奪う奮闘ぶりが指揮官の目につきました。

おすすめの記事