「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

セ・リーグ連覇へ!広島東洋カープのキャンプ2017

2017 4/20 11:07mikky
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 kozaweb.jp

2016年に25年ぶりとなるセ・リーグ優勝を果たした広島東洋カープ。 惜しくも日本一は逃しましたが、連覇へ向けて行った宮崎キャンプでは、どのような仕上がりを見せたのでしょうか。 好不調の選手をピックアップしてみました。

守り勝つ野球の基礎を築くことを目的にキャンプ

2016年にリーグ制覇を達成した緒方孝市監督は、キャンプ入りを前に投手中心の守り勝つ野球をするため、基礎をしっかりやっていく方針を示し、若手の台頭に期待を寄せていました。
広島からWBC日本代表に選出されたのは、菊池涼介(二塁手)、田中広輔(遊撃手)、鈴木誠也(外野手)の3選手。このうち鈴木選手は、キャンプ初日こそ状態の悪さを口にしていましたが、シート打撃では3安打(うち本塁打1本)と仕上がりは順調な様子を見せています。

WBC代表の菊池涼介選手は三塁の守備練習も

守備のスペシャリストとして知られる菊池選手は、WBCでも複数の守備位置を任される立場にあります。プロ入り前は遊撃手、広島では二塁手として4年連続のゴールデングラブ賞を獲得するなど、守備力は随一です。
ただ、日本代表にはトリプルスリーで知られる山田哲人選手(ヤクルト)がいるため、WBCでは二塁手での起用が確実視されているわけではありません。キャンプでもシートノックで三塁の守備について練習していましたが、ポジションは変われどボールをとらえる華麗なグラブさばきは健在です。

おすすめの記事