「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

横浜スタジアムでのギャレット・ジョーンズ選手に注目だ!

2017 4/12 20:20cut
baseball、PNC ※PNCparkはパイレーツの本拠地だ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

メジャーでは新人王争いをマギー選手と

ギャレット選手のメジャーリーグキャリアで最も輝いているのがピッツバーグ・パイレーツ時代だ。
ミネソタ・ツインズから2008年オフに移籍したギャレット選手は、2009年に82試合に出場し打率.293、21本塁打、44打点の成績を残しナショナルリーグの新人王投票で7位に入った。この年の新人王投票で5位に入っていたのは、2017年シーズンからギャレット選手と同僚になったケイシー・マギー選手だった。2人は同年にメジャー本格デビューを果たしていたのだ。
翌2010年には158試合に出場し打率.247、21本塁打、86打点の成績を残しパイレーツの主力選手となった。大きなケガもなくギャレット選手は、チームに貢献し140試合以上に出場し2013年までパイレーツでプレーし、FA後にマイアミ・マーリンズと契約した。

マーリンズ移籍後ヤンキースへトレード

パイレーツからFAとなり、マーリンズと契約したギャレット選手はレギュラーとして活躍。初年度に146試合に出場し打率.246、15本塁打の戦績を残す。2年目を迎える前のオフシーズンにトレードされヤンキースへ移籍となった。
その際に、ヤンキースでは田中将大選手とチームメートとなったのだ。 開幕直後から試合に出場したものの結果を残すことはでなかったため、8月に解雇されてしまう。わずか57試合の出場で打率.215、5本塁打、17打点に終わったギャレット選手は34歳という年齢的なこともあり、なかなかメジャー球団からは声がかかりにくい状況の中で、巨人がオファーを出し契約に至ったのだ。

おすすめの記事