「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

阪神・原口文仁選手~シンデレラストーリーから2年目のジンクスへ挑む!

2017 4/12 20:20cut
catcher,baseball
このエントリーをはてなブックマークに追加

甲子園出場も果たした帝京高校時代

原口文仁選手は埼玉県で生まれ育ち、中学生時代に寄居リトルシニアでプレーしていた。寄居リトルシニアは現在の深谷彩北リトルシニアで関東大会にも出場している強豪チームだ。原口選手以外にも社会人野球の富士重工業で副主将として活躍する日置翔兼(ひおきしょうけん)選手も輩出している。
その後、原口選手は東東京の名門校である帝京高校へ進学。帝京高校時代、本格的に捕手へ転向する。3年生の夏に甲子園出場を果たし3試合で打率.385の活躍。その時のチームメートとしてベンチ入りメンバーには山崎康晃(DeNA)選手、伊藤拓郎選手(元DeNA)らが名を連ねていた。
原口選手は甲子園での活躍もありドラフトでも注目を浴びる存在となったが、上位候補ではなく下位指名候補としての評価だったのだ。この年のドラフトでは花巻東高校の菊池雄星(きくちゆうせい)選手(西武)、横浜高校の筒香嘉智(つつごうよしとも)選手(DeNA)が注目を集めており原口選手は指名当落線上の選手だった。
そんな状況の中で迎えたドラフト会議で原口選手は阪神から6位で指名されプロ入りを果たすのだ。

プロ入り後3年で育成契約へ

2009年のドラフトで阪神から6位指名を受けた原口選手は高卒ルーキーということもあり、2010年は二軍での出場も少なく体づくりに専念した。翌2011年は48試合に出場し打率.329、2本塁打11打点の成績を残す。しかし、一軍に呼ばれることはなく二軍での日々が続いた。
2012年は腰の負傷もありシーズンを通して16試合の出場に終わり、支配下登録から外れ育成契約になってしまう。原口選手はドラフト指名から一度も一軍での試合に出場すること無く育成選手となってしまったのだ。
しかし、2013年、2014年、2015年と二軍で黙々と練習に励んだ原口選手は育成契約ながら毎年契約を更新し球団からは期待をかけられていた。 その結果が2016年のシンデレラストーリーへの土台になっているのだ。

おすすめの記事