「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

球団の新たな歴史を作る阪神・高山俊選手

2017 4/12 20:20cut
baseball、ball
このエントリーをはてなブックマークに追加

華々しい成績を残したアマチュア時代

高山俊選手は中学生時代に船橋中央シニアでプレーしその後、名門日大三高(東京都)へ入学する。日大三高時代の高山選手は1年生の秋からレギュラーに定着。秋季東京都大会で打率.435の好成績を残し翌春の選抜に出場する。
春の選抜では打率1割台に低迷し東京都大会のような活躍ができない。そのような不振を経験し、夏の甲子園予選では出場機会はほとんどなく1打席のみに終わっている。最上級生となった3年時は不振から脱却し春夏ともに甲子園に出場。両大会ともに5割を超える活躍を見せ夏は全国制覇を果たす。当時のチームメートには横尾俊建(日本ハム)がおり高山選手は強打のチームの1番打者として活躍していた。
日大三高からプロ入りはせずに明治大学へ進学。1年春からレギュラーを掴み打率.417をマークし打率2位の成績を残す。その後も順調に安打数を積み重ね4年時には東京六大学記録の127安打を更新。シーズン終了までに131安打まで伸ばし、六大学の歴史に名を刻んだ。また、在学中の8シーズンで6度ベストナインに輝くなど大きな存在感を放っていたのだ。

前代未聞のガッツポーズが起きたドラフト会議

東京六大学野球で最多安打記録を更新し2015年ドラフトの目玉候補として取り上げられていた高山選手。ドラフト前の野球雑誌、新聞各紙ではヤクルトが獲得を狙っており高山選手もヤクルトを希望していると報道されていた。他球団も高山選手獲得を狙うところはなくヤクルトの単独一本釣りが大方の予想だったのだ。
しかし、ドラフト会議当日高山選手の名前が初めてコールされたのは大本命のヤクルトの指名順の前である阪神だった。予想通りヤクルトも高山選手に入札するが単独指名ではなかったため抽選となる。
抽選はヤクルト真中満監督、阪神金本知憲監督が両球団の代表として行った。ここでハプニングが起きた。 くじを引いて開封した真中監督がガッツポーズをしたのだ。金本監督は真中監督のガッツポーズを見てくじを開封することなく席に戻る。 真中監督はインタビューも受け高山選手に「慣れ親しんだ神宮球場で一緒に頑張りましょう」とメッセージを送った。
しかし、くじを改めて確認すると真中監督が引いたものはあたりではなくハズレだったのだ。2015年のドラフトではくじの半分にNPBのロゴが印字されており、もう半分に当たりくじのみ交渉権確定の文字が印字されている。真中監督は交渉権確定の印字がないにも関わらずNPBのロゴが印字されていたため当たりくじと勘違いしてしまったのだ。
この勘違いガッツポーズは大きく取り上げられ真中監督、ヤクルトのマスコットキャラクターつば九郎らがネタとして様々なところで披露している。 ドラフトで一悶着あったものの高山選手は阪神に入団が決まったのだ。

おすすめの記事