「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

『松坂世代』の最強スラッガー村田修一選手

2017 4/12 20:20cut
baseball,player
このエントリーをはてなブックマークに追加

多くのプロ野球選手とプレーし対戦した東福岡高校時代

村田修一選手は福岡県出身で高校は地元の東福岡高校に通っていた。高校当時の村田選手は現在のように三塁手ではなく投手として活躍。三年生のときには春夏の甲子園にも出場している。
春の選抜甲子園では3回戦で松坂大輔選手(現ソフトバンク)率いる横浜高校(神奈川県)と対戦。3番投手として出場した村田選手は初回に1死二塁のチャンスで打席が回ってくるが、三振に倒れてしまう。これが村田選手と松坂選手の甲子園における初対決だった。そう、村田選手は『松坂世代』なのだ。 このとき二塁走者として後ろから対戦を見守っていたのが田中賢介選手(現日本ハム)だった。東福岡高校で村田選手の1学年後輩に田中選手が在籍していたのだ。
続く第二打席でも村田選手は三振に倒れるなど4打数無安打で松坂選手に封じ込められてしまう。投手としての村田選手は完投するが後藤武敏選手(現DeNA)に本塁打を浴びるなど3失点。0-3で敗れ敗退となってしまう。 この試合で村田選手の女房役として捕手を務めていたのが大野隆治選手(元ソフトバンク)だった。1番田中選手、3番村田選手、4番大野選手と後のプロ野球選手を3人擁していた東福岡だが松坂選手には敵わなかったのだ。
リベンジを誓って夏の選手権大会へ出場を果たした村田選手だが、初戦で豊田大谷高校(愛知県)に4-6で敗退。横浜高校との再戦はならなかった。豊田大谷は主軸に古木克明選手(元横浜)がおり村田選手はその古木選手に先制タイムリーを浴びるなど6失点。8回に自らのバットで4点を返すが時すでに遅かったのだ。
甲子園でチームは初戦敗退となったものの村田選手はプロから注目を浴びていた。しかし、プロ入りはせず東都大学野球連盟の日本大学に進学する。

日本大学時代の同級生が4人プロ入り

日本大学に進学した村田選手は投手を諦め野手一本に専念する。自身が高校通算30本塁打を放っており、打撃に自身があったこともあるが松坂選手に勝てないと悟ったことが大きいと語っている。この理由により松坂選手に勝つために投手ではなく野手で勝負することを決意したのだ。
日本大学では高校時代にバッテリーを組んだ大野選手、館山昌平選手(ヤクルト)、堤内健選手(元横浜)がおり、ここでも後のプロ野球選手が多く在籍していた。村田選手は能力もさることながら、チームメートに恵まれており切磋琢磨できる環境が高校、大学と続いていたのだ。この環境がプロ入りの一つの要因となっているとも言えそうだ。
同期の館山選手がエース・村田選手が主砲と役割を分担し2001年の春季リーグで日本大学にとって21度目のリーグ優勝を果たす。村田選手にとって日本大学時代における最初で最後の優勝経験だった。 4年間でベストナイン4回などの実績を残した村田選手は2002年のドラフトで自由獲得枠により横浜ベイスターズへ入団する。同期の館山選手はヤクルト、大野選手はダイエー、堤内選手は横浜と新しい世界へと羽ばたいていったのだ。

おすすめの記事