「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【球史に名を残した偉人達】甲子園で二刀流の活躍・桑田真澄選手

2017 4/12 20:20cut
baseball、ball
このエントリーをはてなブックマークに追加

進路問題で転校を余儀なくされた中学時代

桑田真澄選手は大阪府八尾市出身で小学生の頃からボーイズリーグのチームである八尾フレンドで野球を始める。後に八尾フレンドはPL学園から同志社大学、トヨタ自動車を経て楽天に入団する平石洋介選手も輩出している。
中学に進学すると桑田選手は大正中学に進学し1年時からエースとして活躍。バッテリーを組んでいたのは南海、広島、巨人で活躍する西山秀二選手だった。 順風満帆に見えたが高校進学時に問題が起こる。PL学園に進学を希望していた桑田選手と上宮高校に進学させたい中学校側で騒動が起きたのだ。
両校ともに桑田選手が入学するのであればその他の選手たちの面倒を見る条件を出していたが、その人数に違いがあったのだ。PL学園は3人、上宮は5人と上宮のほうが好条件だったために中学校側は上宮へ桑田選手を進学させようと画策する。
しかし、中学校の都合で進路を決められるのが嫌だった桑田選手は転校することになるのだ。 高校に入る時点で既に争奪戦となる人材だったことがよくわかるエピソードだ。

球拾いから甲子園優勝へ、激動の1年時

PL学園に入学した桑田選手は、同期の清原和博選手らと1年生の夏から甲子園で活躍しているが、入学直後は球拾いだった。投手として入学した桑田選手は入学時の身長が170センチ程度と低かったため、チャンスを与えてもらえず外野に転向させられていたのだ。
しかし、球拾い後の返球を見たコーチが桑田選手に惚れ込み、投手として指導を始めたのだ。ここから桑田選手のサクセスストーリーが始まったといえるだろう。初めての夏の甲子園予選では清原選手らとともに1年生からベンチ入りを果たす。
初登板となった大阪府予選4回戦の吹田高校戦で桑田選手は9回を被安打2で完封、6奪三振と完ぺきな投球を見せ、エース格にのし上がる。以降の大阪府予選で先発はなかったものの4試合全てに登板。予選を勝ち抜き甲子園進出を決めた。甲子園では背番号「11」をつけベンチ入り。1年生のベンチ入りは清原選手と桑田選手2名のみだった。
夏の甲子園では初戦から先発を任され優勝までに4勝を挙げる活躍。清原選手と旋風を巻き起こす。 外野からの返球を認められて特別指導、予選で活躍からエースへと抜擢され甲子園に出場し優勝。4月に入学し8月の甲子園終了までにこれだけの事が起こっていたのだ。

おすすめの記事