「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【球史に名を残した偉人達】ONの後継者として戦った男・原辰徳選手

2017 4/12 20:20cut
baseball,japan
このエントリーをはてなブックマークに追加

圧倒的存在だった東海大学時代

原辰徳選手は東海大相模高校で1年からレギュラーを獲得。春の甲子園1回、夏の甲子園3回と合計4回の甲子園に出場している。春の甲子園では準優勝に輝き、高校通算43本塁打を放つなど目を引く存在だった。
多くのプロ野球チームから注目されていたが、東海大学に進学。大学時代は2年秋に三冠王を獲得するなど圧倒的な成績を残し日本代表にも選ばれた。日本代表では1学年上の岡田彰布選手(当時早稲田大)と三遊間を組み日米大学野球選手権にも出場している。2人は大学時代、プロ野球現役時代、そして監督時代とライバルとして争っていたが、日本代表のチームメートとして試合にも出場していたのだ。
東海大学時代に7度のベストナイン、2度の三冠王を獲得しドラフトの目玉として注目される。1980年のドラフトでは巨人、広島、大洋、日本ハムの4球団が原選手を指名し希望であった巨人が当たりくじを引き当てたのだ。
1年早くプロ入りを果たした岡田選手(阪神)は1980年、108試合に出場し打率.290、18本塁打、54打点で新人王を獲得。この活躍が、原選手に大きな刺激となっていた。

大学のスターから新人王 、そして4番へ

原選手は1980年ドラフト1位で東海大学から巨人へ入団。ONの後を次ぐ4番打者候補として入団当初から大きな期待を掛けられていた。
ルーキーイヤーとなった1981年の開幕戦で原選手は6番二塁でスタメン出場を果たす。その後も順調に結果を残し125試合に出場し打率.268、22本塁打、67打点の成績で新人王を獲得。2年目には初めて4番にも座り30本の大台を超える33本塁打を記録する。
3年目には103打点で打点王のタイトルを獲得。これが原選手にとって最初で最後の打撃三冠タイトルとなる。それでも、原選手は4番打者として引退までに通算1066試合に出場する。この4番出場試合数は巨人において川上哲治選手(1658試合)、長嶋茂雄選手(1460試合)、王貞治選手(1231試合)につぐ4位の記録となっている。
タイトルの獲得こそないが入団以来12年連続20本塁打以上、14年連続二桁本塁打を記録するなど巨人の4番打者として重責を果たした原選手は1995年に現役を引退する。アキレス腱痛に悩まされ満足に戦うことができなくなってしまったのだ。現役最終年となった1995年は打率.201、6本塁打、15打点の成績に終わっている。

おすすめの記事