「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【球史に名を残した偉人達】甲子園優勝投手から世界の王へ・王貞治選手

2017 4/12 20:20cut
home run baseball
このエントリーをはてなブックマークに追加

甲子園では優勝投手に

王貞治選手は東京都墨田区出身で双子の弟として1940年に生まれた。中学時代から身体は大きく中学2年時に高校2年と間違えられるほどのエピソードも残っている。
中学卒業後、早稲田実業に進学した王選手は1年生時から野球部で活躍する。1年夏の甲子園に背番「11」で出場を果たすのだ。王選手のポジションはプロ入り後に守っていた一塁手ではなく投手兼外野だった。この時、王選手とバッテリーを組んでいたのが、後に毎日オリオンズで18年間現役として活躍する醍醐猛夫(だいごたけお)選手だ。
初めての甲子園では2回戦敗退となったが、その大会後にエースナンバー「1」を託される。2年春の選抜甲子園ではエースとして出場し3戦連続完封勝利で決勝に進出。決勝では3点を失ったものの5-3で勝利。早稲田実業に初の優勝をもたらしたのだ。
2年夏の甲子園では1回戦で寝屋川高校(大阪府)相手に延長11回を投げノーヒットノーラン。春夏の甲子園において延長戦に入ってのノーヒットノーランは2016年現在で達成されておらず、王選手の記録が史上唯一となっている。 3年時は春のみの出場となりベスト8敗退となり甲子園での通算成績は6勝3敗で終わる。

荒川博コーチとの一本足打法

王選手は長嶋茂雄選手の1年後となる1959年に巨人へ入団。高校時代はエース投手だったが巨人入団から野手に転向し一塁手としてプレーすることになった。巨人の一塁は『打撃の神様』こと川上哲治選手が長きに渡って務めていたポジションでもあり、王選手は大きな期待を掛けられた。
しかし、すぐに結果は出ず初打席から26打席ノーヒットと不振にあえぐ。27打席目に初安打を初本塁打で飾った。1年目は打率.161、7本塁打に終わり期待はずれとファンにも野次を浴びていたのだ。
1960年、1961年と順調に成長していた王選手ではあるが、打率.270、本塁打は10本台とまとまった成績になっており、期待していた働きとは違ったものとなっていた。 1961年オフに打撃コーチに荒川博コーチが就任。これが王選手の転機となった。1962年シーズン中に『一本足打法』を取り入れ本塁打を量産。38本塁打、85打点で初めてのタイトルとなる本塁打王、打点王を獲得する。
一本足打法は打球を打つ際のタイミングを取りやすくするための技法だが足への負担が大きく習得できない選手がほとんどだ。しかし、王選手は天性の足腰、そしてトレーニングによって会得したのだ。また、集中力を高めるために日本刀で居合抜きをするトレーニングも行っていた。才能だけではなく類まれなる努力を行っていたのだ。その結果が一本足打法の習得であり868本塁打の達成となって表れているといえるだろう。

おすすめの記事