「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【球史に名を残した偉人達】名選手、名監督にあらずを覆した王貞治監督

2017 4/12 20:20cut
baseball,stadium
このエントリーをはてなブックマークに追加

19年間の監督生活で積み上げた勝利数は1315勝

巨人王貞治監督が誕生したのは1984年のことだった。現役を引退した後1981年から1983年まで藤田元司監督のもとで助監督を務め帝王学を学び満を持して監督起用となったのだ。その後、巨人で5年監督を務めて辞任すると1995年からはダイエーの監督に就任。2008年まで14年間の長期政権を築いた。
ダイエー、ソフトバンク時代はレギュラーシーズンで勝率1位となりながらプレーオフで敗退しリーグ優勝を逃すこともあったが1999年から常勝軍団を作り上げる。途中、胃がんの手術で欠場もありながらチームをまとめ2008年に秋山幸二監督へバトンタッチを果たした。
巨人、ダイエー(ソフトバンク)で19年間の監督在任期間中に挙げた1315勝は歴代8位の記録となっている。また、監督任期中である2006年に開催された第1回WBCにおいても監督を行い見事、日本代表を優勝に導くなど大きな功績を残した。

<王貞治監督成績>
日本一:2回(1999年、2003年)
リーグ優勝:4回(1987年、1999年、2000年、2003年)
Aクラス:15回
Bクラス:4回
通算戦績:1315勝1118敗74分 .540

「世界の王」でも監督を解任される厳しい世界

1984年に巨人の監督に就任した王監督。監督経験が初めてということもあったのか、優勝したチームを引き継いだにも関わらず初年度は3位、翌1985年も3位と優勝争いに絡めない。4年目となった1987年にリーグ優勝を果たすが日本シリーズでは敗れ日本一になることはできなかった。 翌1988年は2位に終わり5年間で1度のリーグ優勝を果たしたのみで解任となった。
この時、王監督はシーズン終了前に解任を通告されているのだ。「世界の王」でも結果を残せなければ解任される。それがプロ野球の監督という職業と言えるかもしれない。 王監督が解任された1988年は、後楽園球場から東京ドームに本拠地が変わった元年でもあり、巨人も力を入れていた。しかし、結果は2位となり夏頃には「続投」の噂もあったがシーズン途中での解任通告となったのだ。

おすすめの記事