「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【球史に名を残した偉人達】選手兼任から社会人まで活躍・野村克也監督

2017 4/12 20:20cut
baseball,field
このエントリーをはてなブックマークに追加

選手兼任だった南海監督時代

野村克也監督として指揮を初めて奮ったのは1970年の南海ホークス時代だ。1954年に南海へ入団した野村監督は1961年から8年連続本塁打王を獲得。1965年には三冠王になり4番捕手として活躍していた。その重責に加え1970年から監督も兼任するようになったのだ。これは、まだ野村監督が35歳のときだった。
選手兼任監督として1977年まで南海を率いた野村監督は1973年に初めてリーグ優勝を果たす。日本シリーズでは巨人と対戦して1勝4敗で破れるが、選手として敢闘賞を受賞した。これが、南海監督時代に出場した唯一の日本シリーズだ。
1977年オフに南海からロッテへ移籍したことに伴い野村監督は南海の監督を退任している。選手兼任として8年間で優勝1回という成績だった。

『ID野球』を広めたヤクルト監督時代

1980年に現役を引退以後は監督の要請がありながらも現場復帰を行わなかった野村監督だが、1990年にヤクルトの監督へ就任する。当時は現在のようにインターネットも発達していなく野球に関するデータも少なかった時代だった。その中で野村監督は『ID野球』という言葉を掲げデータ野球を行うようにチームを指導する。IDとはImpotant Dateという造語だがその後も野村監督の野球を象徴する際に広く使用されるようになった。
ミーティングが長いことにも特徴がある。まるで学校のようにホワイトボードを使って野村監督が講義をするのだ。それによって選手はノートを取り理解を深めることができた。
ID野球の成果が出たのは就任3年目となる1992年のことだ。この年にヤクルト監督就任後初の優勝を飾り日本シリーズに進出。西武に敗れ日本一は逃したものの大きな足跡を残したのだ。翌1993年の日本シリーズで西武にリベンジを果たす。1992年、1993年の日本シリーズは2年1セットと感じるファンも多く未だに名勝負として語り継がれるほどだ。
1995年、1997年にも日本一となり9年間のヤクルト監督時代に4度のリーグ優勝、3度の日本一を達成。ヤクルトの黄金時代を築いた。惜しまれつつも1998年に監督を退く。

おすすめの記事