「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

復活?パワーアップ?首位打者・坂本勇人の打撃はどう変化したのか

2017 4/12 20:20Mimu
野球 バット
このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年の首位打者となった坂本勇人

2016年シーズン、とうとう首位打者のタイトルを獲得した坂本勇人選手。20代前半に素晴らしい成績を残し、多くのファンをワクワクさせていたのだが、20代後半になると成績は下降気味になり、ここ数年はあまり振るわない成績が続いていた。毎年ほぼ全試合に出場しており、チームへの貢献度は高かったのだが、打撃面ではファンをやきもきさせることも多かったのだ。
だが、この2016年にそんなモヤモヤを一気に吹き飛ばす成績を残した。打率.344で首位打者を獲得!本塁打や打点もここ数年では最高の数字を残しており、20代前半の時のような、あのファンをワクワクさせてくれる成績を残していた坂本選手が、さらにパワーアップして帰ってきたのだ。しかし、なぜここまで大きく数字を挙げることができたのだろうか。今回は坂本選手の打撃の変化について、過去の成績も紹介しながら詳しく迫っていく。

2年目の2008年からレギュラーに定着

坂本選手がブレイクした年といえば、2008年だ。坂本選手は2006年のドラフトで巨人から1位指名を受け、青森の光星学院から入団した。1年目の2007年には2軍が中心ながら、夏頃には1軍に上がり、プロ初安打も記録。このヒットは延長戦で放たれた、決勝点となるタイムリーだった。順調にプロの第1歩を踏み出し、2年目の08年を迎える。
高卒2年目ながらセカンドでの開幕スタメンを勝ち取ると、さらにその試合で二岡智宏さんが故障したため、すぐさまショートとしての出番がやってくる。春先は同じくこの年に出場機会を増やした亀井善行選手(当時の登録名は『義行』)と共に1・2番を組み、打線を牽引。結局二岡さんが復帰した後も、ショートのポジションは譲らず、逆に二岡さんをサードへ追いやってしまうほどだ。
夏頃にやはり疲れからかかなり成績を落としてしまったが、それでも全試合に出場し.257 8本塁打 43打点を記録。チームのシーズン優勝に大きく貢献した。このときまだ坂本選手は19歳、祝勝会ではビールではなく炭酸水をかけられていた姿が印象的だった。

おすすめの記事