「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ダイ・ハード打線の中核も担った!井口資仁のダイエー時代を振り返る

2017 4/12 20:20Mimu
野球 内野
このエントリーをはてなブックマークに追加

現役最年長野手の全盛期はダイエー時代

今やすっかりロッテの顔になった井口資仁選手。2015年に中日ドラゴンズの谷繁元信さんが引退して監督選任になったことにより、2016年シーズンからはNPBの最年長野手になった。ちなみに最年長投手は中日ドラゴンズの岩瀬仁紀選手なのだが、井口選手は74年12月生まれ、岩瀬選手は74年11月生まれということで、2人は同級生ということになる(岩瀬選手も山本昌さんや三浦大輔さんの引退によってNPB最年長の投手となった)。
さてその井口選手なのだが、2016年シーズンも79試合に出場しており、未だその存在感は健在だ。しかし、古くからの野球ファンの方にとっては、やはり井口選手はダイエーホークス時代のイメージも強いのではないだろうか。何せ当時から素晴らしい成績を残してきた。特に01年の30本カルテットや、03年のダイハード打線にはワクワクさせられた。今回は井口選手のダイエー時代について詳しく振り返ってみよう。

華々しいデビューを果たすも打撃成績は粗さが残る

井口選手は東京都の國學院久我山高校から青山学院大学を経て、当時の逆指名制度によって福岡ダイエーホークスへと入団した。1年目はオープン戦でけがをしてしまったため、開幕こそ間に合わなかったが、5月3日の近鉄戦で初出場初先発を果たすと、第1打席でいきなりのプロ初安打、そして第3打席ではプロ初本塁打を満塁ホームランで飾る。
このように、華々しいデビューを飾った井口選手だが、その後はなかなか打率が上がってこず、主に下位打線での起用が中心となった。最終的には76試合の出場で8本塁打を放つものの、打率は.203(217-44)に三振は67個と、粗さの方も目立っていた。

おすすめの記事