「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大舞台でこそ真価を発揮!元ヤクルトのエース・石井一久のすごさ

2017 4/12 20:20Mimu
野球 ピッチャー
このエントリーをはてなブックマークに追加

現役時代は速球派サウスポーとしてならした石井一久

現在はスポーツキャスターとして活躍中の石井一久さんだが、現役時代は素晴らしい投手だった。最速156km/hを誇る速球派左腕で、ストレートとスライダーの組み合わせで数多くの三振を奪ってきた。ヤクルトのエースとして何度も日本一に貢献しており、メジャーリーグでも結果を残している。
そして何より石井一久さんのすごさといえば、大舞台に一切動じることのない、その図太さだろう。今回は石井一久さんのこれまでを振り返るとともに、その真骨頂が発揮された試合を紹介していく。

1年目から日本シリーズに登板!

石井一久さんは千葉県の東京学館浦安高校からドラフト1位でヤクルトスワローズに入団した。甲子園への出場経験はなかったが、夏の県大会では4試合で50個を超える奪三振を記録。そこから一躍注目が集まり、ドラフト1位での指名にいたったのだ。
入団後は1年目から1軍で起用された。12試合に登板(うち先発5試合)して、残念ながらプロ初勝利を挙げることはできなかったのだが、それでもチームは優勝し、日本シリーズへと進出する。そして驚いたのは、なんと石井一久さんがその日本シリーズの第3戦に先発として起用されたということだ。シーズン未勝利の新人投手が日本シリーズに先発登板するのは史上初の出来事。
当時の中心投手で、この年も14勝を挙げていた西村龍次さんがシーズン終盤に離脱していたこともあったが、やはり首脳陣も石井和久さんの大舞台でも動じないメンタル面を高く評価していたのだろうか。ただ内容としては4回2失点と決して悪くはなかったのだが、味方の援護もなく敗戦投手になってしまった。

おすすめの記事