「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

変化できることが強み?ダルビッシュ有のピッチングスタイル

2017 4/12 20:20Mimu
ピッチャー
このエントリーをはてなブックマークに追加

ダルビッシュは速球派?変化球派?

平均球速は149km/h、さらにメジャー移籍後には最速159km/hを記録。この数字だけを見れば、ダルビッシュ有選手は速球派の投手なのだと考えるだろう。
しかし、その一方で多彩な変化球も持ち合わせており、日本にいた頃は毎年のように新たな球種を取り入れていた。速球派の一面を持っている一方で、変化球派の様相を見せることもあるのだ。いったいダルビッシュ選手はどのような投手といえるのだろうか。ダルビッシュ選手のこれまでのピッチングスタイルを振り返りつつ、その秘密に迫っていきたい。

高校時代から完成された投手

ダルビッシュ選手は高校時代から素晴らしい速球を持っていた。東北高校時代には1年生の時から147km/hを記録。さらに3年生の時には150km/hにも達していたという。この強力なストレートに、キレのあるスライダーやシンカーを織り交ぜていくというのが、当時のピッチングスタイルだった。
総合力の高さでは同世代の投手の中でもずば抜けており、甲子園へは2年の春から4期連続での出場。合計で12試合に登板し7勝をマークしている。しかも防御率はわずか1.47。3年生の春の選抜では、熊本工業相手にノーヒットノーランも記録しており、まさに怪物の名をほしいままにしていたのだ。

おすすめの記事