「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

セ・パ交流戦ならではの熱い名場面5選

2017 3/29 18:30mikky
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Eugene Onischenko/shutterstock.com

プロ野球のレギュラーシーズンの中でも重要な位置付けとなるのがセ・パ交流戦。 普段は戦うことがないセ・パ両リーグのチームがどんな戦いを見せるのか注目を集めるが、特に名場面と思える試合を5つ紹介していく。

2016年、神ってるカープ鈴木誠也の2試合連続サヨナラホームラン

2016年の流行語大賞にもなった「神ってる」。この言葉を生んだきっかけとなった広島カープの活躍の原動力となった一人が、大ブレークした鈴木誠也選手だろう。その象徴ともいうべき試合が、交流戦のオリックス戦だった。
広島のホームで行われた6月17日の試合は4ー4で迎えた延長12回にサヨナラ2ラン、翌18日にも2点を追う状態で9回に登場した鈴木は3ラン。2試合連続でサヨナラ弾を放った史上10人目の打者となり、お立ち台で「超サイコー」と感情を爆発させた。

2006、07年と雨の神宮で見せたロッテ里崎の逆転満塁弾

2014年シーズンで惜しまれながらも引退したロッテのレジェンドといえば、捕手だった里崎智也選手だろう。自らのバッティングを「ヤマ張り」と称し、アッパースイングの長打が魅力の打てる捕手だったが、その真価は「雨」で発揮するとも言われていた。
交流戦では特に「雨の神宮」が大好きで、2006年には2点を追う5回に満塁弾、翌07年にもまた2点を追う展開で8回に満塁弾が飛び出した。本人もまた「雨の神宮は縁起が良い」とコメントしており、08年は神宮で満塁弾こそ出なかったが、レギュラーシーズンでは満塁弾を記録し、勝負強さを発揮した。

おすすめの記事