「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

注目度は年々上昇?セ・パ交流戦の観客動員数を調査

2017 3/29 18:30mikky
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Sean Pavone/shutterstock.com

プロ野球序盤戦の最大の見せ場となるセ・パ交流戦。 普段は対戦しないセ・リーグとパ・リーグの球団が戦う貴重な機会は、野球ファンなら必見だが、試合数は当初と比べて少なくなっている。 交流戦自体の人気は開幕当初と比べて変化しているのだろうか。

2016年セ・パ交流戦の平均観客数は29447人

日本野球機構(NPB)の公式データによると、直近で開催された2016年のセ・パ交流戦の入場者数は108試合で、1試合平均では2万9447人だった。
このうち、セが主催した試合の入場者数は178万9061人で1試合平均3万3131人。一方、パが主催した試合の入場者数は139万1194人で、1試合平均2万5763人となった。 この数字だけで比較すると、同じ試合数でセとパでは約40万人も観客動員数に差が出ている。

観客動員数が全体で伸びているセ・リーグ

2016年における交流戦でセの最多観客動員を記録したのは巨人で、全9試合の平均は4万4969人(前年は3万9819人)。続いて阪神の4万1908人(3万4501人)、広島の3万159人(2万7067人)、中日の3万52人(2万7426人)、DeNAの2万6551人(2万4013人)、ヤクルトの2万5145人(1万9734人)。
セは全体の伸び率がプラス15.2%で、いずれも前年の観客動員を超える実績となった。前年比の伸び率で最も高かったのはヤクルトの27.4%、阪神の21.5%と続き、最下位の中日でも9.6%上昇している。

おすすめの記事