「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

外国人選手に多い?プロ野球における背番号42とは

2017 3/3 18:51cut
ジャッキーロビンソン、mlb
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Aspen Photo/Shutterstock.com

背番号42はメジャーリーグでは全球団の永久欠番になっており、現在は着用することができない。 その影響もあり、日本にやってきた外国人選手は背番号42をつけることが多くなっている。 そんな背番号42について見ていきたい。

背番号42の象徴ジャッキー・ロビンソン

メジャーリーグにおける背番号42は唯一全球団で永久欠番となっている。これは有色人種として初めてメジャーリーガーとなったジャッキー・ロビンソン選手が背負っていた番号だからだ。 ジャッキー・ロビンソン選手は、数々の差別を受けながらも1947年にメジャーデビューを果たし、10年間メジャーの舞台でプレー。MVP、新人王、首位打者、盗塁王など数々のタイトルを手にした。
この有色人種差別を乗り越えたジャッキー・ロビンソン選手の功績をたたえ、1997年4月15日に背番号42が全球団共通の永久欠番に制定された。2004年には4月15日をジャッキー・ロビンソン・デーとし、毎年全選手が42を着用してプレーする日となった。

2016年シーズンに背番号42を付けていた選手

2016年シーズンに背番号42を着用していた選手を見ると、12球団中7球団が外国人選手、4球団が日本人選手、1球団が空き番号となっている。やはり半数以上の球団が背番号42を外国員選手に渡しており、人気の高さが窺える。
その中で、東京ヤクルトスワローズは2016年に坂口智隆選手が着用していた。過去を振り返ってみても背番号42を着用しているのは日本人選手が多くなっており、球団によって考え方の違いなども見受けられる。各球団の変遷を探ってみるのも面白いかもしれない。

おすすめの記事