「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

プロ野球のドラフトとは?ドラフトの仕組みを分かりやすく説明します

2017 3/3 18:51
野球 ドラフト
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by JIPEN/Shutterstock.com

プロ野球のドラフト会議は毎年秋に行われる。 ドラフト会議を耳にしたことはあっても、詳しいルールまでは知らない方のために、2016年のドラフトの仕組みをエピソードも交えながら、わかりやすく解説する。

ドラフト会議は新人選手選択会議

ドラフト会議の正式名称は、新人選手選択会議だ。「新人選手」に該当するのは、主に高校生、大学生、社会人で、日本のプロ野球球団と選手契約を締結したことのない選手たちだ。日本高等学校野球連盟および全日本大学野球連盟に所属する選手に関しては、各連盟からプロ野球志望届を提出したと公示された選手のみ指名することができる。
ドラフト会議では、プロ野球の12球団が獲得したい選手を指名し、その選手と契約する「交渉権」を得る。選手が入団したい球団を指名することはできない。2016年のドラフト会議は10月20日に行われ、87名の選手が指名を受けた。

選手指名の手順

2016年は各球団が4名から10名の選手との交渉権を獲得したが、一度に複数の選手を指名するわけではない。指名できるのは、1回につき1人だけだ。1巡目、2巡目、3巡目……と指名は繰り返される。
1巡目に限り、各球団が一斉に選手を指名する。複数の球団が同じ選手を指名した場合は抽選となり、抽選で当たった球団が交渉権を得る。抽選に外れた球団は再度入札となり、指名が重複したら再び抽選となる。2016年の1巡目は3回目の入札で全球団の指名選手が確定した。

おすすめの記事