「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大阪が誇るオリックスバファローズの名場面5選

2017 3/3 18:51
京セラドーム 球場
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: http://www.nikkei.com

2004年に大阪近鉄バファローズと神戸オリックスブルーウェーブが合併したオリックスバファローズだが、大阪の京セラドームを拠点として活躍している。このオリックスバファローズに合併する前からの時代も含めて、名試合、名場面を5つ紹介する。

大阪近鉄バファローズ時代の最後の優勝

2001年、大阪近鉄バファローズ時代にパリーグ優勝。これが近鉄時代最後の優勝となる。このパリーグ優勝が決定した9月26日の試合は、逆転サヨナラ満塁ホームランという、野球ならではの感動的な試合だった。相手はその後合併することになるオリックス・ブルーウェーブだ。
2対5と差をつけられての9回裏、ノーアウト満塁というチャンスがやってきた。ファンの期待を背負って代打で登場した北川選手がここでホームランを放ち、一気に6対5に。この瞬間、2年連続最下位だった近鉄のこの年のリーグ優勝が決定した。

オリックス・ブルーウェーブ時代の記念すべき試合

阪神・淡路大震災のあった1995年、神戸が拠点であったオリックス・ブルーウェーブは、地元の人々を元気づけながら試合をしていた。そして9月19日、見事パリーグでの優勝を果たす。地元神戸での試合で優勝をという声が高かったにもかかわらず、まさかの4連敗となり西武球場での優勝となった。
この時ニール選手が23号、イチロー選手は24号のホームランを放ちファンを沸かせた。震災復興に対する気持ちは選手もファンもみな強く多くの人が涙を流して優勝を喜んだ。

おすすめの記事