「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

横浜DeNAベイスターズの過去の5大名場面をすべて公開します!

2017 3/3 18:51
横浜DeNAベイスターズ、名場面
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: http://www.nikkei.com/

横浜DeNAベイスターズは、1950年に山口県下関市を本拠地として「大洋ホエールズ」としてスタートした。そして、2011年に現在の商号に変更した。リーグ優勝、日本一それぞれ2回ずつと12球団の中では最も少ないだが、その中でも内容の濃い名場面を5つ紹介していく。

1998年10月8日38年ぶりのリーグ優勝

3-2で阪神にリードされた8回二死満塁の場面。進藤選手が二塁間へタイムリークリーンヒットを放つと、ローズ選手と佐伯選手が次々ホームへ帰り一気に逆転した。クールな進藤のガッツポーズに球場のボルテージは最高潮に達した。
そこで、抑えに大魔神こと佐々木投手がマウンドに上がり8回は3者凡退に仕留め、9回は無死二塁とピンチを招いたが、2者連続三振で2死となりバッターに新庄選手を迎えた。一時はカウント0-3になるが、2-3まで粘り、ラストボールはフォークで空振り三振。38年目のリーグ優勝となった。

1998年10月18日対西武ライオンズとの日本シリーズ第1戦

1回一番打者・石井選手は、セーフティバントで出塁し、次打者の波留選手の3球目で2塁への盗塁に成功。そして、鈴木尚選手のタイムリーヒットで先制した。
さらに3回には、石井琢選手がフォアボールを選んで出塁して盗塁をすると、波留選手、鈴木尚選手、ローズ選手が次々とヒットして3点を追加。4回には無死1、3塁から波留選手のタイムリーヒットに西武のエラーや暴投が続いてさらに3点を追加。9-4で勝利した。

おすすめの記事