「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

広島東洋カープの名試合を試合内容とともにご紹介!

2017 3/3 18:51
野球 球場
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: http://www.nikkei.com

広島東洋カープは赤ヘル軍団と呼ばれ数々の記憶に残るような名場面を残している。ファンなら記憶に残っているような試合を5つ紹介していく。

広島東洋カープの名試合1975年10月15日

この日の試合は後楽園球場で読売ジャイアンツとの試合だ。1点の先取点を取った広島カープだが追加点が取れず、読売ジャイアンツも粘りながら良い守りをしていた。9回1アウトで1、2塁の場面でバッターボックスに立ったのは、ホプキンス選手だ。読売ジャイアンツの5人目の投手高橋一選手からダメ押し点となるホームランを放ち3点を追加した。
これによってセリーグに加入して以来26年で悲願の優勝を達成した日となったのだ。

広島東洋カープの名試合1987年6月13日

この日は満員の広島市民球場で中日ドラゴンズと対戦した。ルー・ゲーリッグが持っていた当時の2130連続試合出場の世界記録を抜き、2131試合の出場を果たした日となる。中日ドラゴンズの小松辰雄投手からレフトへ8号ホームランを打って自身の世界記録に花を添えた。
記録は最終の出場試合となった10月22日までに2215試合に連続出場し、この功績が認められて広島東洋カープの背番号「3」は永久欠番となっている。

おすすめの記事