「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

1993年のプロ野球界に起きた最強チームの衝撃トレードを解説

2017 2/21 19:13
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Iaremenko Sergii/shutterstock.com

1993年、当時黄金期を迎えていた西武ライオンズと、1989年に球団身売りで誕生したばかりの福岡ダイエーホークスの間で、まさかの電撃トレードが成立した。 このトレードが成立した背景とその後の対象選手の活躍を振り返っていきたい。

衝撃のトレードを敢行した西武ライオンズの当時のチーム事情

1980年代から90年代前半にかけての西武ライオンズは日本球界を席巻していた。走攻守にスキのない野球を展開し、1982年から94年までの13年間でリーグ優勝11回、日本一8回(そのうち2連覇1回、3連覇2回)を達成し、黄金期を迎えていた。
しかし、1993年シーズンは、主力選手の衰えもあり苦戦を強いられる。2位の日本ハムファイターズとはわずか1ゲーム差でかろうじてリーグ優勝を勝ち取ったものの、日本シリーズではヤクルトスワローズに3勝4敗と惜敗。世代交代が急務となっていたのだ。

新興勢力ゆえの苦悩と改革。1993年の福岡ダイエーホークス

1989年、南海ホークスの身売りを受けて誕生した福岡ダイエーホークス。初年度は4位に終わったものの、上位3球団と互角の戦いを繰り広げた。ところが翌年は選手と首脳陣との確執が表面化するなどムードは最悪。勝率3割台、全球団に負け越しなどダントツの最下位に沈んでしまうのだ。
以降も低迷が続き迎えた1993年。福岡ドームが誕生し、西武で指揮を執ったこともある根本睦夫氏が監督に就任。シーズンは最下位に終わるものの、人脈を生かし、チーム改革のため西武との大型トレードを仕掛けたのだ。それはまさに「球界の寝業師」の異名をとった根本氏の本領発揮とも言える行動だった。

おすすめの記事