「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

1997年に成立したプロ野球のトレード、その理由と背景

2017 2/21 19:13
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by TK Kurikawa / Shutterstock, Inc.

1997年に行われた阪神タイガースと中日ドラゴンズの間でのトレードは、両チームのファンを驚かせた。 対象選手が、いずれもスタメンで活躍できる力量を備えていたからだ。 トレードに至った背景と、その後の選手たちの活躍を見ていこう。

1997年当時の阪神タイガースのチーム状況

1990年代の阪神タイガースは、まさに暗黒時代を迎えていた。1992年こそ首位争いを演じたものの、97年までの8年間で4回の最下位を経験していたのだ。
1997年には、球団史上初の日本一を指揮していた吉田義男氏が3度目の監督に就任した。しかし、年俸3億円超という破格の条件で入団した新外国人、マイク・グリーンウェル選手がわずか数試合で故障、電撃引退してしまい、4番不在の状態が長らく続いた。さらに正捕手も不在で、結局このシーズンは5位で終わり、4番を打てる大砲と、投手陣を支える正捕手の補強が至上命題となっていた。

1997年に起きた変化の対応に苦慮した中日ドラゴンズのチーム事情

1997年の中日ドラゴンズは大きな変革期を迎えていた。12球団の中でも1、2を争う狭さだったナゴヤ球場から、フェンスが高く全体的に広いナゴヤドームに移転したのだ。
新球場では、野手陣が不慣れなプレーを連発してしまい、強竜打線と恐れられていたチームも、本塁打数を前年の179本から60本近く減らしてしまった。投打に渡り精彩を欠き、終わってみれば前年の2位から急降下、11年ぶりの最下位となってしまったのだ。
この結果を受けて、長打力よりも守備力を重視した編成に着手せざるを得ない状況となった。

おすすめの記事