「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ホークスファン震撼!プロ野球の球史に残るトレード【2003年】

2017 2/21 19:13
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: NorGal/shutterstock.com

2003年のオフ、プロ野球界に激震が走った。 福岡ダイエーホークスの主力選手だった小久保裕紀さんが、読売ジャイアンツに無償でトレードされたのだ。 チームリーダーとしても人望のあった小久保さんに何があったのか。衝撃のトレードの流れを追ってみよう。

小久保裕紀さんはどんな選手だった?

小久保裕紀さんといえば、野球ファンならご存知の通り、野球日本代表の監督を務める元プロ野球選手だ。
1993年のドラフト会議にて逆指名で当時の福岡ダイエーホークスに入団。美しい放物線を描くホームランが特徴的な選手で、引退までに通算413本というホームランを量産。ホークスの中軸を支える長距離砲として活躍した。 なお、文武両道で、学生時代の成績は常にクラスで5番以内に入るほどだったというエピソードもある。

ホークスのチームリーダー・小久保裕紀

その実績から「ミスターホークス」と呼ばれた小久保さん。2000年頃から三塁手レギュラーとして試合に出続け、試合外でもチームの選手会長に就任するなど、リーダーとしてなくてはならない存在になっていく。
本人も野球に対する態度は真摯であり、とても練習熱心な人物だった。同じ長距離バッターの松中信彦さんや、ホークスのエース・斉藤和巳さんを筆頭に、チーム内外問わず小久保さんに憧れる後輩が増え続けたようだ。

おすすめの記事