「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

プロ野球、楽天が発表した2010年の電撃トレードの背景とは!

2017 2/21 19:13
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: NorGal/shutterstock.com

2010年12月9日、東北楽天から渡辺直人内野手の横浜への金銭トレード成立が発表された。 チーム生え抜きの中心選手の放出というまったく予期せぬ発表だっただけに球界に衝撃が走った。 トレードに至った経緯などを振り返る。

渡辺選手は楽天入団後、すぐにレギュラーとして活躍

渡辺直人選手が所属していた楽天イーグルズは、2005年にパリーグに加盟した一番新しい球団で、発足1年目と2年目は首位から大きく引き離された最下位だった。最初は戦力的に大きく劣る状況だったが、ドラフトやトレードで次第に戦力も整い、2006年から就任した野村克也監督の下でチーム力もアップした。
渡辺選手が大学生・社会人ドラフトの5巡指名を受けて入団したのは、楽天球団発足3年目だった。渡辺選手は2007年からすぐにショートのレギュラーとして活躍。チームの最下位脱出に貢献した。

2010年オフ、不動のレギュラーとして契約を更改

渡辺選手の特徴は出塁率の高さと俊足で、2008年には盗塁34でリーグ2位を記録、守備力にも定評があり、入団4年目の2010年には完全にチームの中心選手になっていた。また、チームとしても田中将大投手や岩隈久志投手などの活躍で2009年にはチームとして最高順位の2位になり、クライマックスシリーズに進出した。
しかし、2010年はブラウン監督下で最下位に逆戻りし、渡辺選手も不振に陥り規定打席に到達しない低調な成績に終わった。それでもオフの12月1日には契約を更改した。

おすすめの記事