「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2013年プロ野球開幕前に発表された電撃トレードを解説

2017 2/21 19:13
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by cctm/shutterstock.com

2013年キャンプインを目前に控えた1月23日、日本ハムとオリックスの間で2対3の電撃トレードが発表された。 両チームとも、トレード要員には前年に主力として活躍した選手も含まれており、衝撃が走った。 果たして、どのような思惑でこのトレードは成立するに至ったのだろうか。

投打の主軸だった日本ハムの糸井嘉男選手と八木智哉投手

2003年のドラフトで日本ハムファイターズに入団した糸井嘉男選手は、入団時は投手だったものの3年後に野手に転向、類まれなる素質で2009年に外野のレギュラーに定着すると、4年連続3割20盗塁を記録。ゴールデングラブ賞も受賞するなど、走攻守3拍子揃った選手だった。
八木智哉投手は、2005年のドラフトで入団。独特の沈み込むフォームから繰り出される多彩な変化球で打者を翻弄し、2006年のシーズンでいきなり初登板初勝利を挙げると、その後も順調に白星を積み重ね、12勝を挙げて新人王にも選ばれた。

オリックスの守りの要だった木佐貫洋選手と赤田将吾選手、大引啓次選手

一方でオリックス側の交換要員は3人だった。
木佐貫洋選手は、2003年に読売ジャイアンツに入団以来、先発投手として活躍。2010年にオリックスにトレードされてからも役割は変わらず、3年間で17勝を挙げた。
赤田将吾選手は、1999年に西武ライオンズに入団、5年目に広い外野の守備範囲とシュアな打撃で2番に定着し、2010年にオリックスへ移籍してからも守備でファンを沸かせた。
大引啓次選手は、2007年にオリックスに入団すると開幕スタメンを勝ち取り、初安打初打点を記録する活躍を果たした。遊撃手として堅実な守備を売りとし、また、強いリーダーシップでチームを引っ張った。

おすすめの記事